51fsnjs639l

発行元から

世界には歯があり、油断していると噛みつかれる-。ボストン・レッドソックスのリリーフ・ピッチャー、トム・ゴードンに憧れる、少女トリシアは、9歳でそのことを学んだ。両親は離婚したばかりで、母と兄との3人暮らしだけれど、いがみ合ってばかりいる二人には、正直いって、うんざり。ある6月の朝、アパラチア自然遊歩道へと家族ピクニックに連れ出されるが、母と兄の毎度毎度の口論に辟易としていたトリシアは、尿意をもよおしてコースをはずれ、みんなとはぐれてしまう。広大な原野のなかに一人とり残された彼女を、薮蚊の猛攻、乏しくなる食料、夜の冷気、下痢、発熱といった災難が襲う。憧れのトム・ゴードンとの空想での会話だけを心の支えにして、知恵と気力をふりしぼって、原野からの脱出を試みようとするが…。9日間にわたる少女の決死の冒険を圧倒的なリアリティで描き、家族のあり方まで問う、少女サバイバル小説の名編。

スティーヴン・キングの本

アトランティスのこころ〈上〉

アトランティスのこころ〈上〉

5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

スティーブン キング の「アトランティスのこころ」を読みました。今頃なぜ?って感じですが。きっかけは書評家の豊崎さんが良かったって言ってたのをたまたま思い出しただけなんですけどね。それも新潮文庫の棚の前でなかったなら買わなかったかも。 でも、キングっぽくなくて良かったです。例えるならティム オブライエンです。「カチアートを追跡して」よりも「ニュークリア エイジ」のキング版です。オカルト臭はほとんど抜きですから、青春モノに興味ある方で、地方生活経験者の男性にはお勧めします。 私は地方で大学生活と寮生活経験者なので(東京でも寮生活者で、大学にキャンパスがあった方は該当します)かなりはまりました。ある意味9.11後に読むコトにも意味がある気もします。ベトナム戦争ってやはり大きい教訓だったな、と。ただ、その経験が生かせてない感じもしますけど。 ただ、これを映画化するのってどうなんでしょうか?映画の方は見てないんですけど。 2006 5月

2年前