513cii3hdkl

創業家VS.左遷サラリーマン! 日本の救世主は、ハズレ社員だった。気鋭の経済記者が覆面作家となって挑む日本最大のタブー「27兆円企業」に迫る! 「失われた... 続き

コメント

フィクションと銘打ったノンフィクション作品のように見えるとほどの臨場感です。

愛知県豊臣市に本社を構える「尾張の貧乏鍛冶屋」を祖とするトヨトミ自動車の急成長時代を支えた武田剛平を中心に話が進みます。智謀策略を巡らせながら会社を成長させ、周囲からの惜しみ無い賞賛を受けるものの、創業一族が目の前に立ちはだかり…

これが仮に実話だとするのであれば、愛知県豊田市では焚書されてしまうのでは…と思うほど、現社長が小者っぽく描かれております。

面白い。気持ちが熱くなる。フィクションだけど。真実は小説より奇なり。

2017年ベスト2。この本を読んだ後にトヨタ自動車のWikipediaなどを見ると、こういうことなのか!と思う。フィクションだけど。

尾張の田舎企業より始まるトヨトミ自動車の話。トヨトミの自動車を世界一の企業へと発展させた社長 武田剛平の臨場感あふれる内容に気持ちが熱くなりました。いい本でした。

読者

9807894d c4af 4d2f a85e b7f8185c4ef4D418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40Picture6ce17271 e83d 44c4 ae56 c7e82c207e36A69b1e51 a2a3 4eb9 a19c d8e41617c75e458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2D9a68684 dd9c 42f4 a1b1 5c2c5db501319a042a3b c765 497d a396 72617cab0e55 8人

文芸

その手をにぎりたい

その手をにぎりたい

5a067eed dd41 4cee 906b c13c7737a6d2

yukimizuirosuki

じっくり選んでどっぷり読みます

カウンター越しの恋って色々あるけど、それがお鮨屋さんでっていう展開は初めて。職人さんから手から手へ渡されるお鮨、なぜが色っぽく感じる。このお店に通うために青子はキャリアを重ねていくけど、その度に感情がねじれてく。 出てくるお鮨は美味しそうで美味しそうで。 最後にほろりとくる。好きな本です。装丁もすき。

約7時間前

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a9922679c 987e 440a beab 7bdc46dc49f4522b2427 7b6f 4545 9fc6 099fc68c2211 14
ガルヴェイアスの犬

ガルヴェイアスの犬

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

ポルトガルの小さな村が舞台、たくさんの人々のそれぞれの人生。 その土地に生きた記憶を読みながら想像する景色が楽しかった。 『誰にだって、運命の場所ってもんがあるのさ。誰の世界にも中心がある。』

1日前

Efcf6eeb f774 4dbe 9d59 ff4b87d0d1464fce670e 6049 4aa0 8bcb 05ec248d276fIcon user placeholder