513cii3hdkl

創業家VS.左遷サラリーマン! 日本の救世主は、ハズレ社員だった。気鋭の経済記者が覆面作家となって挑む日本最大のタブー「27兆円企業」に迫る! 「失われた... 続き

コメント

フィクションと銘打ったノンフィクション作品のように見えるとほどの臨場感です。

愛知県豊臣市に本社を構える「尾張の貧乏鍛冶屋」を祖とするトヨトミ自動車の急成長時代を支えた武田剛平を中心に話が進みます。智謀策略を巡らせながら会社を成長させ、周囲からの惜しみ無い賞賛を受けるものの、創業一族が目の前に立ちはだかり…

これが仮に実話だとするのであれば、愛知県豊田市では焚書されてしまうのでは…と思うほど、現社長が小者っぽく描かれております。

面白い。気持ちが熱くなる。フィクションだけど。真実は小説より奇なり。

2017年ベスト2。この本を読んだ後にトヨタ自動車のWikipediaなどを見ると、こういうことなのか!と思う。フィクションだけど。

尾張の田舎企業より始まるトヨトミ自動車の話。トヨトミの自動車を世界一の企業へと発展させた社長 武田剛平の臨場感あふれる内容に気持ちが熱くなりました。いい本でした。

読者

9807894d c4af 4d2f a85e b7f8185c4ef4D418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40PictureCe91adb0 0ccb 47b6 b18f c31d78e5b00bA69b1e51 a2a3 4eb9 a19c d8e41617c75e458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2D9a68684 dd9c 42f4 a1b1 5c2c5db501319a042a3b c765 497d a396 72617cab0e55 8人

文芸

仕事は楽しいかね? 2

仕事は楽しいかね? 2

43ee9770 28c5 4f8d 90ac 92e411d9fb14

umeshuuta

紙でもkindleでもオーディオ…

マックス・エルモア第二弾は最高の上司と最高の部下についての話だった訳ですが…読むの2回目なのにエピローグで泣いちまったよ…(多分1回目も泣いてるはず)前回読んだ時より自分に響く事柄が多かった気がする。分かるなーとか、これは出来てないなーとか。「仕事は楽しいかね?」ほど衝撃は受けなかったものの、世の中の常識を打ち破る論理は相変わらずだし、そのエピソードの数々には心に響くものがある。部下を持つ人は是非一度読むべき本かも。

約8時間前

75e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec03D38c464d 4611 4a24 8823 8fea5cea382dDc1b0189 08a9 4e98 bf46 0b9e96f2d371
会社を綴る人

会社を綴る人

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

できない君が唯一誇れる書くということ。『あくまでも自分の中で』と註釈をつけてしまうほど紙屋君(偽名)は気弱だ。 だが彼は、物事の根っこをキチンと抑えられる、強くで優しい人物である。それを、英雄伝ではなく細やかにとても遠慮がちに、人々の心を掴んでいく様子を描いているので、本自体が紙屋君の雰囲気だ。 気弱なブレる事が〈出来ない人〉は、みんなの心の扉を遠慮がちにノックしていきます。 大きな枠の中に居られない人は=役立たずではない。

2日前

62f8b43a 27bf 42f9 8e42 d14b2e3b45755aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f 17