Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41ihijm8erl

コメント

連作短編集。登場人物はみんななにかしらの、誰もが共感できそうな秘密や陰がある。登場人物の立場は様々だけど、角田光代の文章がその人物の世界へすーっと引き込んでくれる。

読者

E4d95eeb 066f 4a10 abd9 81fa9fe6f8ff645753ae 242d 47c7 bd99 f149b0b050ceA6803606 5e9e 4361 b985 537d0671a4053add3473 1316 4920 955c c6f14b052dcb 4人

角田光代の本

八日目の蝉

八日目の蝉

C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b

Eiji Kobayashi

こヴィ。編集者・ライター

やはり傑作ですね。。。気づいたら単行本出てからもう10年経っているが、小説としての深さと問いかけの強さはまったく失われてない。文庫版の池澤夏樹の解説も興味深い(「これは相当に過激なフェミニズムの小説なのである」)。映画は未見なので見てみたい(やはり構成はかなり違うらしいですね)。

約2か月前

A4180189 89b9 491c abf7 d03e985ee44aE4d95eeb 066f 4a10 abd9 81fa9fe6f8ff50702c8b 7efc 4870 940b ebf85778d7f1 51
ベスト・エッセイ2017

ベスト・エッセイ2017

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

佐藤究さんの「勝負師のスパイス」というエッセイが面白すぎる。若い頃、通い詰めていたカレー屋の味を再現しようと、S&Bディナーカレーに様々なスパイスを加え、試行錯誤する話なのだが、結末が衝撃的。たった2ページちょっとの文章だが、その虜になり、何度も読み返してしまった。

3か月前

9cb5d531 ec86 41de 8da4 8e41f4518809648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07bE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f