51n3%2b9p2nol

コメント

鬼才ディックの短編集。その多くが映画化されているのは、やはり発想の見事さと、秀逸なストーリーテリング技術なのかもしれない。表題作トータルリコール、マイノリティリポート、ペイチェックなど。SFの未知の世界観は映画だけではなく、原作小説も眠る前のひと時に丁度良い。

読者

C06e79c3 63b1 4179 8ec5 2054358a9e635add06fa 3a81 4e51 a9cf 262f9b4137949e3c5de7 39e0 48aa 9c39 fe905b0cd6e1871870e0 8aa8 44a7 916c b2afb52a041eIcon user placeholderC86daa0f 5ca1 4297 a406 ca3ed905d46cF060dddb 03e9 4547 8591 84afdcd4d7795919f8a5 d2ba 47a4 a8dc 23ef5eace2fc 8人

フィリップ・K・ディックの本

高い城の男

高い城の男

47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a

inoue

Webエンジニア

ナチスドイツと日本が二次大戦を制した後の世界。進駐日本人の支配下に置かれたアメリカで、逆に米英の勝利を描いた一冊の本がベストセラーとなって静かに広まっていく。運命の変転を易経の卦を通じて描く。

3年前

5ed9d885 1800 4df1 bd38 72be7f43f53b15498c21 ba9a 4e1f b0d5 f46447b41bf284d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690 46