31gfmx5pbgl

2008年2月、日本で10年ぶりとなる宇宙飛行士の募集が、日本の宇宙研究・開発を担うJAXAによって発表された。応募総数は史上最多。そして、選抜試験自体も... 続き

コメント

0097
2019/03/06読了
国家プロジェクトの試験と就職試験が似ているなんて…と思ったけど、たしかに似ているところが多い。
人気な会社・職業ほど、ほんとにここで働きたいのか、なぜこの職業なのかを問われることが多かったかも。
就職や宇宙飛行士に限らず、日本人が世界でどうあるべきかっていうのも考えさせるなあ。
日本好きな外国人の番組よくあるけど、それは好いてくれる人だからで、世界的に見れば日本文化なんて分からないし。というのをロボット作る試験で思った。

この試験で決まった宇宙飛行士、リアルタイムで見ていたはず。こんなドラマがあったんだなあ。

その他のコメント

人を「はかる」こと、「選ばれる」ことについて学ぶ。

コドモが読めば、オトナになっても夢を叶えていいんだと、心が軽くなる。
オトナが読めば、コドモの時になりたかったものはなんだっただろうと思い返し、明日に向かって一歩進むキッカケを与えてくれる、そんな一冊。

読者

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cC16ad50e abf4 4cb4 9566 f7fe651408936279c3dc c4e6 441c 886d a8c1c7d5204a3a955047 feac 48aa a31a d4338002c7043db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aa15807308 83f2 4ab3 aaf8 9c984727f5deF8e80262 ca12 4db5 9c41 3b27c383ccc13e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b 16人

新書

池上彰の世界を知る学校

池上彰の世界を知る学校

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f

ごまもんがら

ニュースを理解するのに役立つ、欧米、ロシア、中東の歴史を分かりやすく書かれています。立教大学の講義をもとにしており、テレビの池上彰さんの説明を聞いてるようで読みやすいです。

9日前