51zir7zr9vl

2014年9月27日午前11時52分、9月最後の土曜日、素晴らしい好天と絶好の紅葉シーズン、そして昼どきの最もゆったりした時間帯で、多くの登山者でにぎわっ... 続き

コメント

誰にも予想できなかった自然災害。どんな山でも常に危険と隣り合わせということは認識しずらい。この災害をきっかけに登山者の意識は確実に変わったはず。被災した方々が無念でなりません。

サバイバーズ・ギルトのことや、生還した方の体験談、救助の様子などが細かく記された一冊。
ネットでもある程度読むことはできるけど、時系列にまとまっていたり色々な専門家の私見があったりする意味で読み応えがあった。

読者

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd6ecd17a4 411f 4245 a2ca d3fe8fd7dffd

山と溪谷社の本