51prurnt%2bil

コメント

図書館で見つけて、その場で全巻再読。
所詮は児童書と侮るのは良くないなあと再認識、あと懐かしさで泣きそう。

読者

7755b625 bd3d 4741 b38c a2b0d2879bb6C1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e493f78e92 3ecb 47d1 8688 3088d90302ba 3人

新刊

「はじめまして」を3000回

「はじめまして」を3000回

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

頭はいいが友達の少ない北原恭介は 人気のある牧野佑那から突然「告白」され 勉強とプログラミングばかりの日常が一変した きっかけは くだんという妖怪で その事を話す佑那に対して半信半疑ながらも 付き合うことにした恭介 彼女の秘密を知ったときの恭介が取った行動は正しかったと思う プロローグみたいな未来があったらいいな なんか「君の膵臓をたべたい」を思い出しました

約9時間前

MURCIE’LAGO-ムルシエラゴー(15)

MURCIE’LAGO-ムルシエラゴー(15)

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

コメディーライター編、スタート。 殺さないにしても、全く趣味の悪い犯人。 でも、こういうのが『ムルシエラゴ』らしい、って感じかな(笑) ひな子が犬に好かれていたのが、なんか重要な事な気がして…気になる!

1日前

MURCIE’LAGO-ムルシエラゴー(3)

MURCIE’LAGO-ムルシエラゴー(3)

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

朽葉が何故ヒットマンの仕事をしているのか、その理由が分かる巻。 鴇との出会いも。 これは『ムルシエラゴ』では分からなかった事だから、読んで良かったと思った。 ノリが楽しかった。

1日前