51bbtvbcdfl

コメント

「町」にあふれる、女性の様々な「待ち」を描く。
幸せの尺度は人それぞれ、どこまでも満たされない想いはつきまとうものなのかもしれない。
でもそうやって人は成長していくものだとも思う。

満たされないのにただ待つことしかできないところ私にそっくりだなって情けないほど不安になる。角田さんはありふれた人を書くの上手だよね。

読者

E4d95eeb 066f 4a10 abd9 81fa9fe6f8ffBcea89aa 021f 4633 8bb4 9c85f19bc21300d7f2b7 f7df 42aa b8aa 08d6aa31f01f3add3473 1316 4920 955c c6f14b052dcb5990e043 d2f8 455a 9a5f 8b64446df5b94819cdbb 3b6a 4837 9319 282b601a632d 6人

角田光代の本

学校の青空

学校の青空

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a

岸本ミリ

好きなものは桃とクリームソーダで…

もっと今よりもっと若い頃、高校生とか10代の頃、命が軽かった気がする。でもそれは悪気があるわけじゃなくて無知ともまた違って、エネルギーばかり有り余ってそのままいつでも死んでしまえそうな感覚の中で生きているから仕方がなくて。そんなどうしようもない狭い世界の中で必死に生きる少女たちのお話。

4か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 42