4178imxj4ol

発行元から

大阪大学が擁する幅広い研究分野を魅力的に紹介し、学問の懐の深さと考える愉しみを伝える出版&新しいスタイルの教育プロジェクト「ショセキカ」。「ドーナツを穴だけ残して食べる方法とは?」という学生たちの素朴な問いに、文理を問わず多彩な研究分野の大阪大学教員たちが挑む。常識を疑い、当たり前を覆すのが学問の醍醐味。ドーナツの穴から広がる奥深い知の世界にふみこんだアカデミックでユニークな回答に乞うご期待。

目次

はじめに
第0 章 ドーナツの穴談義のインターネット生態学的考察  (松村真宏)
【第1 部 穴だけ残して食べるには】
第1 章 ドーナツを削る―工学としての切削の限界  (高田孝)
第2 章 ドーナツとは家である―美学の視点から「ドーナツの穴」を覗く試み ( 田中均)
第3 章 とにかくドーナツを食べる方法  (宮地秀樹)
解説 ~次元の壁を超えてみる~
第4 章 ドーナツの穴の周りを巡る永遠の旅人―精神医学的人間論  (井上洋一)
第5 章 ミクロとマクロから本質に迫る―歴史学のアプローチ (杉田米行)
【第2 部 ドーナツの穴に学ぶこと】
第6 章 パラドックスに潜む人類の秘密 なぜ人類はこのようなことを考えてしまうのか? (大村敬一)
第7 章 ドーナツ型オリゴ糖の穴を用いて分子を捕まえる  (木田敏之)
解説 シクロデキストリンってなに?
第8 章 法律家は黒を白と言いくるめる? (大久保邦彦)
第9 章 ドーナツ化現象と経済学  (松行輝昌)
第10 章 ドーナツという「近代」 (宮原曉)
解説 わかりやすい近代の話
第11 章 法の穴と法規制のパラドックス
―自由を損なう行動や選択の自己決定= 自由をどれだけ法で規制するべきなのか? (瀬戸山晃一)
第12 章 アメリカの「トンデモ訴訟」とその背景  (松本充郎)
おわりに
ショセキカのあゆみ

【世界のドーナツコラム】
Vol . 1 モンゴル
ボーブを片手に「モンゴルの青」を生きる
Vol . 2 インド
どこか懐かしい庶民の味,ジャレービーとワーダー
Vol . 3 アラブ
大陸を超えてアラブ世界をつなぐ,魅惑のお菓子
Vol . 4 イタリア
イタリアに春の訪れを告げる,ゼッポラ
Vol . 5 ハンガリー
苦難の歴史を乗り越えて―リボンを巻いたごちそうドーナツ
Vol . 6 ドイツ
ドイツと言えばパン?! 人々のこだわりから生まれた絶品おやつ
Vol . 7 スペイン
実は甘くなかった! みんな大好き,チュロスの秘密
Vol . 8 タンザニア/東アフリカ
朝ごはんにぴったり! アフリカのおふくろの味,マンダジ
Vol . 9 ブラジル
あのドーナツはブラジルから?! ポン・デ・ケイジョの魅力

社会

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

7a3e12bb ac30 4cd6 af04 75630ec59257

acop

30代♀

社会人になって十数年、そろそろ次のキャリアについて考えたいと思った時に読んだ本。1つの働き方に縛られない柔軟な働き方を提案してくれる。生活と仕事のバランスについてなど、少し立ち止まって考えてみるのに良い本。限られた人生、仕事にどれだけ自分の時間を捧げるか?しっかり考えて次のステップに進もうと思う。

11日前

B2a49d60 f89b 420e a406 2061ccec8a89C2557b47 a421 44fb ab10 a95ae4c66a55644a8d11 ee51 4d9f 8564 529139f330a9 8
恋するソマリア

恋するソマリア

6603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d1

Tomoko

こんにちは

「ソマリ料理の作り方の特徴は、とにかく「てきとう」。(中略)火加減の調節はほとんどしない。弱くなりすぎるとうちわでバタバタ扇いで、強くするだけ。火があまりに強すぎるときは一つか二つ炭をコンロから取り出し、地面に放り出すが、たいていは放置している。」(224ページより)

20日前

Icon user placeholder2feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea249592Ce91adb0 0ccb 47b6 b18f c31d78e5b00b