41kdztv95ul

望まない職場で憂鬱な日々を送るOLの直美は、あるとき、親友の加奈子が夫・達郎から酷い暴力を受けていることを知った。その顔にドス黒い痣を見た直美は義憤に駆ら... 続き

コメント

自分が犯罪を犯してしまったかのような気分で読んだ。ナオミとカナコに肩入れして、続きを読むたびにハラハラするのが怖くて少し憂鬱になったほど(笑)
本当に最後の1ページ、1行まで息がつけない小説は初めてだった。

読者

E51916b3 c90b 45be 81df 9a242cc8b87a63c52606 abf3 4cf4 8976 6dd4c613b6cb3d88a0b6 0fa2 406b b8d1 d386e5513b96052a661e 4f81 47ce b2ab 6c7ccb990fdaEbb09403 2d11 48e9 8205 e3d48af895c0C0cd48bc 6b3b 49f2 bc91 92597d184bcc 6人

奥田英朗の本

町長選挙

町長選挙

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

神経科医、伊良部シリーズの第三弾。 これまでのシリーズに比べ、ナベツネやホリエモンなど、実在の人物をモデルにした話が多い。 特にナベツネをモデルにした「オーナー」という話が良かった。ラストの泉田首相(こちらのモデルは小泉首相)が弔辞を読み上げるシーンにホロっとくる。人々から嫌われている人は、見方を変えれば、とてつもない魅力のある人なのかも知れない。

11か月前

Af663ff4 7637 486d 92ce ba17b8715718Icon user placeholder496e01b1 3f27 48ce 8fd0 1098a96de46d 9