51lwvt13zhl

オードリー若林、待望の新エッセイ集!『完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込』から3年。雑誌「ダ・ヴィンチ」での連載に、大幅に書き下ろしエッセイを加えた... 続き

コメント

プライドが高く、他者を批判することでの自己防衛…激しく思い当たる。肯定ノートつけて見ようかな。

オードリー若林のエッセイ。

まず思ったのは、若林は自分の目で見て、自分の頭で考える、そういう当たり前のことをやっている人なんだな、ということ(だから苦労も多いのかもしれないが)。

とがっていて、人見知りで、ネガティブで、気にしすぎてしまうがゆえに、生き辛さを感じ、それでも自分と、そして世界と向き合い続けている若林がなんだか大好きになってしまった。

時にぷっと吹き出し、時に共感し、時に自分と違う体験や考え方に脳がパッカーンとなり、いろいろな意味で面白い本だった。

どの話も面白かったが、特に印象的だったのは、しくじり先生で学んだことが書かれた「耳に痛い話」。
「自分の弱さと向き合うことが一番難しい」
「耳が痛いことを言ってくれる信頼できる人を持つこと」
いずれも名言。そしてここには書かないけど、この話はオチも最高だった。

生きづらさを抱えている人は、何で生きづらいと感じてしまうのかが分からない人もいると思う。自分でも分からない苦しさを感じながら毎日を過ごすのはとても怖いことだとも思う。
「ナナメの夕暮れ」は何だかよく分からない苦しさを感じている人に共感や希望だけじゃなく、自分自身との向き合い方のヒントも与えてくれる。生き方に苦しんできた若林さんが、今苦しんでいる人たちに向けてつくった本のように感じた。
17歳の時の自分にこんな本があるととても心強かったな。恩送りをしていかなきゃいけないなと思わせる一冊。

若林さんの著書を読むのはこれで3冊目。第1章は雑誌「ダ・ヴィンチ」(すでに連載終了)をまとめたもの。第2章は書き下ろし。
本に書かれている「この国に蔓延する冷笑文化がずっと嫌いだった」というのは意外だった。そんなに熱い人には見えなかったから。どちらかというとシニカルなイメージも持っていた。意外な一面を知ることができる。でもなかなか面倒な人だなあとも思う。特に女性にはなかなか理解できない部分があると思う。まあ、男女関係なく、人はどんなに親しくても全てをわかり合うのは無理な話だし、必要もないとは思うけれど。
8年間続いた連載も終わり、彼にとってもっとも重要な存在だった(と推測される)父親が亡くなり、本人談の「いい恋」が始まりそして終わった。
新しいトビラを開いた若林さんのこれからが楽しみ。いつかわからないけど、それを記した次の本を楽しみに待ちたい。

この本で救われる人もいると思います。自分がわからなくて自分探ししているとか、人と比べて自分が劣ってる気がするとか、なんで自分はこんななんだとかとにかく人生という道に迷ってる人に読んでもらいたい一冊です。昔は人見知りでまさしく自分探ししてた若林ですが、今はバラエティーでも人見知りは克服したとも言ってるくらい変貌を遂げてます。その秘密がこの本にあります。色んな出会いでの価値観に触れて、自分というものを許せたり。未来を目指して無理して自分を鼓舞してやってたけど、それをやめて今に視点を落として色々やってくと景色ほんとに違ったとか。今までの自己啓発本とはちょっと視点が違うというかリアルさがあるので、きっと何かのヒントをもらえるはずです。

「ネイティブネガティブ」
うまく収まった言葉で笑ってしまったけど、
この表現に色んな意味が含まれていて、この世の中生き辛いと感じながらも自分に合う人に会うために生きていくっていう気持ちが何よりも大切だと私も思いました。
自分のことを気にかけてくれる人や、話が合う人って沢山いるわけじゃないと思うし。

社会が生きにくい。自分の中での感情の起伏が激しくシンドイ。折り合いをつけながら生きようとしても、折り合いの付けどころを見つけるのが難しい。
ボンヤリ生きてこれた自分に感謝。
若林さんの人生は、映画のようだ。何気ない言葉や行動に一つ一つ意味を持たせてる。それは、辛いな。

「自分探し」の完結編というだけあって、答え合わせのようなエッセイだった。素直に面白い。

若林さんは生き辛いが故に、「自分探し」という問題集を解く作業に取り組み続け、そしておじさんになった今、漸く飽きたのだという。
自分と世間に対し、日々生まれ続ける疑問にひたすら答えを探し続ける作業。そんなことを40年間毎日毎日続けられる人は、そういないと思う。なんてひねくれているのか、そしてなんて真面目なんだろう。
世の中生き辛いと思ったら、この人の話を読み返してみたいと思う。
「ナナメの殺し方」特によかった。
自分の人生を生きよう。

共感することも少しあった。

世界はナナメで出来ている。
生き辛いのではなく、
自らが生き辛くしているのだ。
それを認めない人はこの本を読めばいい。

完璧なAIを作るには膨大なデータがいる。僕みたいな人見知りロボットもそれは同じだ。

この言葉を発すれば好感を持たれ、あの言葉を言えば嫌がられる。黙って周りの会話を眺めて笑ったフリをしていてもデータは集まってこない。

クラスの人気者も案外つまらないことを言っていた。あれはデータ収集だったのだ。つまらないことを言っていた彼は人気者でつまんねーと思っていた僕はクラスの隅で寝ていた。

僕のような人見知りが人を怖がるのは人を否定しているからだ。

否定すると相対的に自分はまともだ、優れていると思い込むことができる。

否定が自分にむかれたら。カッコいい人や仕事のできる人、歳上が怖い。その人達が自分より優れている分否定される可能性が高いから。

否定の反対は肯定だ。でも否定を繰り返してきた僕に肯定は難しい。若林さんは提案してくれた。ノートを買って好きなものを書き連ねていく。好きなものなら肯定的だ。好きなを書いて好きなものが増えて、人を好きになっていく。かもしれない。心が軽くなった。

読者

6e3440f8 8a4d 49a1 b18d 00c0a652db8f2e2f973f b11b 4762 aefc cd7ed2366c0f90f78adc 7c7d 40ae 9a43 a1ece6016514F8274e9f c2c4 47f7 9202 6d61dcb9d2e8B24ceb96 bc2a 46b6 aba3 a26d5af80c17354675bd 2507 4ded 8766 8f5376fb0bbaIcon user placeholder790b3b74 52f5 44dd bc04 2399c9417ee1 113人

若林正恭の本

ご本、出しときますね?

ご本、出しときますね?

F57c5d1b 755d 4c91 8749 7757e808795c

coh3y

2017.05.17 人気作家さんの考え方や個性が見えて面白い。 テレビ番組を書籍化したものなのでサラッと読めて通勤のお供にオススメです。 毎回トークテーマに合った1冊を紹介してくれるので、新しい本との出会いもあって読書好きには1冊で2度も3度もおいしい感じ。

約2年前

21a3a820 08a8 4ff4 891e 70ec812df7fb8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda645cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16 12
完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込

Cb65f201 aec3 49a0 af0b e102b903e2ae

S Kbys

地図屋です(出版・サインなどの地…

まじめに自意識と社会の狭間をあらゆる角度から考察してるエッセイ。「ネガティブを潰すのはポジティブではない。没頭だ。」たまに泣ける。松岡修造が北風に感じる人は、この本が太陽になるかもしれない。ダメでも自信なくても目の前の事を紡ぐんだな。

約3年前

6e3440f8 8a4d 49a1 b18d 00c0a652db8fF826aeb6 921d 4fa3 9006 280092fbc0473e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be 93