51lwvt13zhl

オードリー若林、待望の新エッセイ集!『完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込』から3年。雑誌「ダ・ヴィンチ」での連載に、大幅に書き下ろしエッセイを加えた... 続き

コメント

若林さんの著書を読むのはこれで3冊目。第1章は雑誌「ダ・ヴィンチ」(すでに連載終了)をまとめたもの。第2章は書き下ろし。
本に書かれている「この国に蔓延する冷笑文化がずっと嫌いだった」というのは意外だった。そんなに熱い人には見えなかったから。どちらかというとシニカルなイメージも持っていた。意外な一面を知ることができる。でもなかなか面倒な人だなあとも思う。特に女性にはなかなか理解できない部分があると思う。まあ、男女関係なく、人はどんなに親しくても全てをわかり合うのは無理な話だし、必要もないとは思うけれど。
8年間続いた連載も終わり、彼にとってもっとも重要な存在だった(と推測される)父親が亡くなり、本人談の「いい恋」が始まりそして終わった。
新しいトビラを開いた若林さんのこれからが楽しみ。いつかわからないけど、それを記した次の本を楽しみに待ちたい。

その他のコメント

プライドが高く、他者を批判することでの自己防衛…激しく思い当たる。肯定ノートつけて見ようかな。

オードリー若林のエッセイ。

まず思ったのは、若林は自分の目で見て、自分の頭で考える、そういう当たり前のことをやっている人なんだな、ということ(だから苦労も多いのかもしれないが)。

とがっていて、人見知りで、ネガティブで、気にしすぎてしまうがゆえに、生き辛さを感じ、それでも自分と、そして世界と向き合い続けている若林がなんだか大好きになってしまった。

時にぷっと吹き出し、時に共感し、時に自分と違う体験や考え方に脳がパッカーンとなり、いろいろな意味で面白い本だった。

どの話も面白かったが、特に印象的だったのは、しくじり先生で学んだことが書かれた「耳に痛い話」。
「自分の弱さと向き合うことが一番難しい」
「耳が痛いことを言ってくれる信頼できる人を持つこと」
いずれも名言。そしてここには書かないけど、この話はオチも最高だった。

読者

D4842e8a 5598 430a 9693 6a3403967063B002a653 17b4 4a87 a8d4 b65ca7cbc3e06f71488c f848 4a4d 81e5 999cd26bedd38d83113b 986e 4381 bb7d 442f9e993af125edfd0f f9a6 40d8 891b f956daeffca5F6c4487c b640 4480 993b f9ddc1e13683Icon user placeholder1ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5f 127人

若林正恭の本

ご本、出しときますね?

ご本、出しときますね?

F57c5d1b 755d 4c91 8749 7757e808795c

coh3y

2017.05.17 人気作家さんの考え方や個性が見えて面白い。 テレビ番組を書籍化したものなのでサラッと読めて通勤のお供にオススメです。 毎回トークテーマに合った1冊を紹介してくれるので、新しい本との出会いもあって読書好きには1冊で2度も3度もおいしい感じ。

2年前

A4d3baf5 2021 4dee 9117 00ea6ca7b08bF11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4e7c145985 0223 4cee b39a e5c93c4ff84c 15
完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込

Cb65f201 aec3 49a0 af0b e102b903e2ae

S Kbys

地図屋です(出版・サインなどの地…

まじめに自意識と社会の狭間をあらゆる角度から考察してるエッセイ。「ネガティブを潰すのはポジティブではない。没頭だ。」たまに泣ける。松岡修造が北風に感じる人は、この本が太陽になるかもしれない。ダメでも自信なくても目の前の事を紡ぐんだな。

約4年前

491d0a78 0087 4187 b47d 3b8e779561bfD4842e8a 5598 430a 9693 6a34039670636f71488c f848 4a4d 81e5 999cd26bedd3 109