61aybglsivl

コメント

ナヤミを聞くナミヤ。(^^;;ホンマうまい具合に奇蹟が描かれてます。さすがっ!

これは最近で一番面白かった本!
最後全部つながって、すごい!ってなった

いつものサスペンスと違いますが、ステキなお話です。

後半どんどん繋がってくんが楽しかった。
そして読み終わったあとにはなんとなくすっきり前向きな気持ちになった。

様々な人の視点から書かれていて、だんだんと明らかになっていくところが面白い作品。

時空を超えて悩みを解決するナミヤ雑貨店のお話。
なんか予想とは違かった。

個人的にはミュージシャンの生き様が一番印象に残ってる。

まさに奇蹟。
過去と未来を結ぶ手紙のやり取りが、最後には全て一本の線で繋がる。
前のページを確認しながら読み進めた。

5つの別々の話で構成されていますが、それぞれが後々つながっていきます。
1話目ではそのやりとりの面白さに引き込まれ、2話目では感動し、面白さと感動のサンドイッチを繰り返しながらいろんな話が続きます。
娯楽でありながら、人の心の勉強にもなるおすすめの一冊です。

あ、この名前さっき...!みたいな感じで繋がる。直線ではないけど気がついたら元に戻ってくる感じ。大事なことが隠されてる気がした。素敵なお話でした。そして読み終わったあとにはなんとなくすっきり前向きな気持ちになりました。まさに。(笑)

心温かくなるようなファンタジー。

家族から薦められて読んだ。いつもの東野圭吾のサスペンス作品かと思いきや素敵なファンタジー作品だった。はじめは大して期待していなかったが、読み進めるうちに東野圭吾らしい物語の複雑さ、巧妙さに気づいて驚嘆した。読み終えて、久しぶりにこんなにほっこりする物語を読んだなあとしみじみした。

映画化されるということで久しぶりに東野圭吾の本を読んだ。
評判通り、涙無しでは読めない本となっていた。特に魚屋ミュージシャンの話がうるっときた。

すべての話がキレイにまとまって、いいお話でした♡
時系列を頭の中で整理するの大変だった(笑)

ミステリーの印象が強い東野圭吾さんのファンタジーに興味を持ち手に取りました。
悩み相談に最も不向きな三人組の回答にひやっとさせられたり、悩み相談をしていく人々の人生を並んで歩いてみたりと、様々な人物の視点から奇蹟の一部始終をみていく構成になっています。
この奇蹟は必然だったのかもしれないと、温かな気持ちで読み終えました。

自分の住んでいる町のどこかにこんな不思議な時空間スポットがあるんじゃないのかな?と思いたくなるような素敵なお話でした。

読者

Icon user placeholder67ef9872 8f01 4ff3 a118 8f44c49b5d2e424675cd 957e 4c65 ac25 967eb33e8f0bBfa203ce cf6b 4708 a116 8282ad3cad0bIcon user placeholder667bfa82 5337 4a3d 888c f3ecd403dd6dDc21208d 0f4c 4c51 838b fd9dad4f5b4fB8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee 212人

東野圭吾の本

探偵倶楽部

探偵倶楽部

507febdf cc04 4a81 879c 833275baed62

朱林きつね

朱林きつねといいます

色んな目線から書いているところが飽きが来ない! どの話も人間ドラマがよく描かれていて、どんでん返しが来るよく仕組まれたトリックも文句無しでした。文も読みやすく、すごく面白かったです。

24日前

3c7075ea f09f 43de 9f5d 2e48b1586e1eC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba249910870dad6 67f8 4f30 813d 563bc051dd0a
鳥人計画

鳥人計画

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

日本ジャンプ界期待のホープが殺された。ほどなく犯人はコーチと判明。一体、彼がどうして。一見、単純に見えた殺人事件の背後に隠された驚くべき「計画」-踏切のタイミング、空中姿勢、風圧、筋力、あらゆる要素を極限まであの男のデータに近づけよ。「計画」は極秘のうちに進行しつつあった…。拘留中の犯人が密告者を推理する、緻密極まる構成の本格スポーツ・ミステリー。

2か月前

8703bfb0 92ea 4aab 8e09 297fcdc0d8857262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d27bf5885 8aa4 43d9 b152 506c814daece 9
十字屋敷のピエロ

十字屋敷のピエロ

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

ぼくはピエロの人形だ。人形だから動けない。しゃべることもできない。殺人者は安心してぼくの前で凶行を繰り返す。もし、そのぼくが読者のあなたにだけ、目撃したことを語れるならば…しかもドンデン返しがあって真犯人がいる。前代未聞の仕掛けで推理読者に挑戦する気鋭の乱歩賞作家の新感覚ミステリー。

2か月前

25e181a6 c00b 4e37 9584 6ec45682f616F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Fa1d4e69 319a 436e bec7 2d60ce37b8d7 12