51m7dmxdbdl

1.5坪のお店からはじまったニジノ絵本屋。 ひょんなことから「絵本屋」になるも、思うように絵本の仕入れができなかったので、「仕入れができないなら、絵本を自... 続き

コメント

東京にある絵本屋さん、ニジノ絵本屋の店主さんがお店をはじめたころのお話から絵本の出版、海外での本のイベントへの参加、絵本屋の店主と会社員の二足のわらじを履いていたころの心境などを書いた本。著者の方のお店のことを知らずに手を出し、この本はお店の経営や出来事の話だけなのかなーと思いつつ読み進めたら絵本の出版、イベント、海外進出、絵本屋に関わる人たちとの仕事のことなど色々なことに挑み、自分たちの場所を会社化していくという記録が書いてあって。絵本を売ることからはじまった、スリリングで読みごたえがかなりあるビジネスの本だったなと。著者のいしいさんは元々会社員で人事のお仕事をされていて、働いていた会社の絡みでビルの空いたスペースで何かやってみないかと打診されたのがそもそものきっかけらしい。色々考えて出した結果が絵本屋をはじめることだったと。本で商売をやりたい方、本好きで日経新聞やビジネス雑誌を読んでる人なら内容にぐっとくるものがあるかも知れません。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderF8f5d940 370c 447f b7f8 4d2f70c5af9615fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c99ad4324 4c75 4467 bb85 f071d199e46aE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f 6人

社会

通勤の社会史

通勤の社会史

4b0c5241 80a2 472e b848 f6014e0eb756

かずか

休日などに、まとめて読みます

通勤の歴史を通勤手段のみならず、それに伴う社会変革まで包括的にまとめた本。 とにかく面白かった。移動範囲の拡大による街の発展、人々の生活にもたらされた変化、それに伴い発達した他の分野、等々。

約9時間前

未来を読む AIと格差は世界を滅ぼすか

未来を読む AIと格差は世界を滅ぼすか

C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa

高橋太介

最近読書の素晴らしさに気がつき、…

世界的に著名な研究者との対談集となっています。 皆々専門分野は違いますが、彼らの見解からは巨視的な視点から世界を捉えていることが伺えました。 その中には、AIと人類の共存の可能性や人生100年計画など、今現在からすると想像しにくいトピックもありました。しかし、それと共に危機感を持って行動することは私達に出来る唯一のことなのかと感じました。

約16時間前

Icon user placeholderD7f590d4 828c 4ec8 ad08 c77e62b7d2af
要塞都市LA 増補新版

要塞都市LA 増補新版

47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a

inoue

Webエンジニア

そこはユートピアかディストピアか、現代アメリカの矛盾が渦を巻くようなロサンゼルス都市論。読みごたえありました。

6日前

Icon user placeholderC2d6999d 627d 40ac b68a 80aae8485e7540deeedb c1a3 44e2 8f16 b81c4d19201f
ミカドと世紀末―王権の論理

ミカドと世紀末―王権の論理

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休みの日は散歩し…

トリックスターを自認していた故山口と、後に無残な道化芝居を演じることになった猪瀬の対談。大帝であった明治天皇を補完する道化・影として大正天皇がいた。昭和天皇はどちらの役割も演じたヌエ的な存在であり、次の天皇は必然的に大正天皇の役割を担うだろうと予言されてます。確かに今上天皇は昭和を補完する役割を担ってきましたが、自ら引き受けたところが違うのではないか。そして生前退位は完全にこの二人の予想外であり、「恩赦というのは、天皇が死んだことによる」祝祭空間だという主張も根底から崩れてしまうのでした。さて平成の次は。

7日前