31auauvg76l

第160回芥川賞候補作。 それでも君はまだ、人間でい続けることができるのか。 あらゆるものが情報化する不穏な社会をどう生きるか。 新時代の仮想通貨小... 続き

コメント

★4 仮想通貨のサイドストーリー、という印象。やや退廃的かつ内向的な作風で好みが分かれそうだ。

主人公は運用SEという、SEの中でもあまり話題にはならないが縁の下の力持ち的な仕事をしている。主体性がなくとも堅実な「枯れた」人物像が浮かぶ。ビットコインについて少し知れて良かったし、駄目な飛行機たちの小話が面白かった。それにしても仮想通貨というと欲望渦巻くイメージだが本作はそんなことは全く無かった。むしろなぜこんな対極の雰囲気になるのか不思議だ。壮大なテーマを、さもひとつの哲学でしかないように、綺麗にストーリーにはめ込んでいると思う。仮想通貨に惹かれて初めて芥川賞の作品を読んだが、なかなか興味深かった。純文学を読んでみたいとずっと思っていたので読めて嬉しい。

混沌としたテキストは、心地が良い。

時折、作者の執着とか「こう読ませたい」という意図が過剰な説明として表出すると、一気に興ざめてしまう。この感覚は、中学校の国語の授業に似ている。考えさせる授業のようで、実は「読み」に正解がある世界。答えがある世界を知ってしまったあの窮屈さを、それがわからない隣のまりえちゃんには伝えることができない悲しさが拍車をかける。

『ニムロッド』は墓標の前で一人佇む父親のように優しくて少し哀しげな小説だ。押し付けられる教訓も意味も持たない。あるのは語りだけだ。それ以上でも以下でもない。

語りの内実に一貫性はないように思われる。けれども何かリリカルな、物悲しげな気配は常にそこにある。それはおそらく、いや、明らかに田久保とニムロッド側の世界と、「僕」の世界が異なっていて、その断絶が埋まり得ないからだろう。

そして、上田岳弘特有の「人類」「過去」「未来」との親和性が、「種」としての人間の叙情性を生み出しているように思われる。

心地良かった。
仮想通貨を掘る僕と、彼女と、同僚のニムロッド。
付かず離れずの距離で、ちょっと知り合いの人の話を聞いてるみたいな感覚。

技術が進み勿論仮想通貨もその技術の一端なのだけれど、仮想通貨は私にとって不可思議な魔法の様に見える。
サクリサクリと綴られる日々に、自分は皺が寄っているんだなと自覚する世界観だった。
どちらかというと自分は田久保さん側なんだろう。

文藝春秋にて読了。繰り返し太字傍点で出てきたキーワードが何を指すものだったのか。

高い塔を作るように技術を積み上げて何が待っているの?
そんなことを書かれていたと思う。
仮想通貨にも興味はあるけど、そこまで深く書かれていなかった。
高い技術の傍には【ダメな飛行機】失敗の蓄積がある。途中、メールでくるダメな飛行機コレクションは楽しい。
紙媒体から離れた感覚を覚えた。
読みやすくて良かったと思います。

読者

D58a0b0d e5d7 4b5f 843e 259541388591Icon user placeholderF08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28C6e62f3b abf7 4113 97f1 bcdbeb887329253143cf 34a1 4879 856d 81378d299d2dFafd6f3d 78f3 4fdc 93d0 c073cc2ad00a22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f157d9fb16 4562 4be2 808a 4eff17e74227 72人

上田岳弘の本

私の恋人

私の恋人

568df437 3f78 4b41 b3cc 741955579aea

cisumon

Wes Anderson すき

主人公は二代の前世の記憶を持ちながら、現代で一人の女性を想いながら暮らしているサラリーマン…というとSF小説のよう。 なぜこの三代の時代背景なのか、もう一人の登場人物の回想から少しずつ解明していく。 ですが、恋愛小説です。 最後まで読んだ後、最初の項を読み直すとスーッとします。

11か月前

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd829c4ab89 1b08 483a a507 6f2ca5fd4abcIcon user placeholder
塔と重力

塔と重力

F42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef935

toqumaru

・共感を拒むための言葉 ・今もまだ起こっている悲劇は、世界の完成のために足りていないパーツなのだ。

約1年前

D58a0b0d e5d7 4b5f 843e 25954138859117ed66fb 8546 40b7 b184 a3d0d75925a21f15d1e6 c2b7 468f 8926 d4c38e58984c 9
GRANTA JAPAN with 早稲田文学 03

GRANTA JAPAN with 早稲田文学 03

E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4

avocado901

読むのは主に翻訳小説だけど、本棚…

「若手作家ベスト11」の中から一編。村田沙耶香『素敵な素材』〜人は死んだら物質になってしまう。だから、温かい生物でいられる時間が愛おしい。本当にそうだろうか?死を忌まわしく思いすぎると、生まで軽んじることになりはしないか?そんなことを考えました。

2年前

私の恋人

私の恋人

Maman putain6 normal

阿久津隆

初台で本を読む人のための店をやっ…

読み終わり。この人ほんとうにとんでもないな。至ってシンプルなタイトルだけど、読後に見返すとタイトルだけで頭こんがらがってくるしなんか炸裂するというかなんか破裂する。

約4年前

C7a19790 321e 4939 a105 2c0000cf5c4dA2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e4b8d60b3 e1d9 4069 9dbe 101fd0967061 28