61qrns8qasl

ケイスは、コンピュータ・カウボーイ能力を奪われた飢えた狼。だが、その能力を再生させる代償に、ヤバイ仕事をやらないかという話が舞いこんできた。きな臭さをかぎ... 続き

コメント

サイバーパンクのバイブルと言われている作品、あんな昔にもそんな壮大な電子世界の奇想があるなんて、尊敬の他は言いようがない。中々酔いまくるな閲読体験…

その他のコメント

サイハーパンク小説の巨匠の初期作品にして、最高傑作。近未来、ハイテク、千葉シティ、ワードひとつひとつがカッコいいし、何よりもストーリーが最高に面白い。これ以上のサイバーパンク小説は僕的にはないです。

スプロール三部作の一作目。この世界観が格好いい。出てくる単語もいちいち格好いい。

読者

B41b33b8 28c9 4946 b469 67104d6f5bf41d5586ae 5320 49a4 909a 337ef92532aaC1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b767510766f 1462 4208 90ab 9e8e76df96716d7076e1 16d9 4119 abb8 3c550ce7d9b81bffb846 d499 4f43 9d04 de60b5024e635cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc250592606 6c0f 453d 89f7 e97110e4d3be 36人

ウィリアム・ギブスンの本

カウント・ゼロ

カウント・ゼロ

14857bb1 ec70 476f 8f56 0eddb8853354

空がまた暗くなる

読書とビールと横浜ベイスターズと…

初めて読んだ20代はボビイの目線で、それから20年過ぎた今はターナーの目線で何回も読み返している。 再読のたびに新しい発見をくれる、自分にとっての聖書本。

約2年前