51kvzc8lhkl

パリ10区のアパルトマンで悲劇が起きた。完璧に思えたヌヌ(ベビーシッター)が、なぜ子どもたちを殺めてしまったのか? 冷徹な筆致で犯罪の裏を描き、2016年... 続き

コメント

パリのアパルトマンの一室でベビーシッターが2人の幼児を殺害し自殺を図った。
「完璧なベビーシッター(ヌヌ)」
雇い主からそう呼ばれたルイーズがなぜそのような凶行に及んだのか。
そして物語は陰惨な事件の起こった冒頭から、夫ポールとともに妻ミリアムが弁護士の仕事を再開するためにベビーシッターを面接するシーンへと転じる。
面接のその日から子どもたちに好かれ、シッターばかりではなく、美味しい料理、自宅の整理整頓まで完璧にこなす女性ルイーズ。
子どもたちは彼女を「わたしのヌヌ」と呼び、慕う。
そしてポールとミリアムもやがてルイーズなしには自分たちの生活が成り立たなくなってしまう。
では、ルイーズは?彼女は何を考え、何を悩み、何を望んでいたのか…

悪魔は突然現れるわけではなく、たいていはその人の内面で眠っていて、あたたかい人間関係だけがそれを抑える力になる。
それが得られない境遇にいる、またはそれを断ち切られた時、悪魔はその人の中で育ち外界に牙を剥く。
私たちには「事件」が起こって初めてその残酷さが目に見える。
初めて…本当に?いや、本当は分かっている。
ミリアムも気づいていた。
ルイーズの寂しさ、寄る辺のない心細さに、そしてその不安定さに。
複数の人間の身勝手や自己保身、心の弱さ、様々な要素が重なって、惨劇が起こる。
おそらくは私たちが目にする多くの「事件」もまたそうなのだろうと思う。

その他のコメント

ヌヌ。耳に馴染みのない言葉である。フランスにおけるシッターの呼び名であるヌヌ。その一人、彼女。ルイーズ。
孤独とは一人であることを意味しない。ルイーズの孤独は勤め先である家族との重ねられた幸せなやり取りの、行き違いの中、深められ濃度を増してゆく。冒頭で起こる事件の凄惨な様相。被害者となった幼い子達。決して同情は出来ない状況なのである。が、加害者たるヌヌ。ルイーズの心情にどうしても寄り添いたくなる。その孤独は僕の心を胸をどうしようもなく痛める。苦しめる。
当然、わく疑問。なぜ?にはっきりとした応えも答えもない。ただ、そこには彼女、ルイーズがヌヌがぽつりと立っている。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558cAc667a42 bd40 4b04 a08e cab0eb1c4536Bf0eeb91 a8ec 423d 83a1 d2f4867a2ca4D7b18a2b 1366 41cb 8ef9 38d4e9125133Icon user placeholderIcon user placeholder 13人

文芸

想像ラジオ

想像ラジオ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

急に命を奪われた人達の、最後のやりとり。 軽妙なDJ調のセリフのお陰で読み進めることが出来た。 常識の外にある小説なので、すべて正しく理解することは、難しい。ただ、リスナー(亡き人)が友人であったり、家族であったり、沢山の人々であることが、悲しくて……。 想像ラジオのリスナー達に悲壮感はあまり感じられません。読後は、ラジオから流れる音楽と共に最終ページを伏せました。

約20時間前

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Icon user placeholderIcon user placeholder 14
華氏451度

華氏451度

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

本は禁制品とされ、権力者達の都合の良い映像と音楽が溢れる世界。そんな中でさえ人は、本との出会いによって人生を動かされる。自分で「考える」という事を思い出させてくれる。 現代、情報をただ受けとるばかりになって、考える時間を私達は忘れてはいないだろうか。情報の上っ面だけすくい取って、理解した気になってはいないだろうか。 本は窓だ、自分で開いて覗き込まないと真実は掴めない。そして自分で掴んだものは心に種を蒔く。 権力者が怖がる訳だ。

1日前

50dce812 dfa9 47c5 8cc7 2bf3d4c0921cEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25fAeb0149f 2241 4034 8ca1 ca68432bd9a8
億男

億男

1f7b34d9 4fd3 472b afbb 2e9e411dc2fa

Spica

育てる、に携わる毎日

川村さんの、死、恋愛、お金についての小説のうち、お金についての本。 今、自分のお金について考えてる時だったから、深く考えながら読んでしまった。 明日を、未来を生きようとするとき、 想像と勇気と、そして少しのお金があればいいんだ。 お金が目的ではなく、お金をうまく使って生きていくことが目的であることを忘れないようにしたいと思った。

1日前

F7a1302b ab9e 4c05 82ee 2e133855b37eIcon user placeholder956d2271 8c26 4469 8d7d 162f6cb03d69 64