511kocfjkyl

2000年代に新しい貧困層が現れた。一見、キャンピングカー好きの気楽なリタイア族。その実、車上生活しながら、若者もひるむ過酷な現場を渡りあるいている人々が... 続き

コメント

読者

F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c494ebd0f ba2c 4ef0 89df d2e0b5e9ecef

文学

仕事。

仕事。

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9

ほんのむし

めも

悲しい。インタビューイーは全員男だ。 男女で大きく仕事に差があるとは必ずしも断言はできない。また、偶然インタビューできる・したいひとたちが男性だったのかもしれない。でも、それでも、女性も取り上げて欲しかった。読者への配慮が欲しかった。 スーツを着た男性サラリーマンが好きそうな本。こういうところに、日本のジェンダーギャップの根深さを強く感じる。

約4時間前

7906208f ba3b 43a8 a3cc 8a5d38c2c66fBa0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f392d2aae4 7b3e 4cdc a280 1ea7d96e4a00 18
人魚の眠る家

人魚の眠る家

Ff9eaf87 0c27 4ea8 bd17 a864631b9ebd

たっきー@JUMP

xoxo...

圭吾さんの「変化」を思い出した。変化は脳移植で自分が自分でなくなった。自分は死んだも同じって主人公は悩んでたと思う。人の死は心臓が止まったら?脳の機能が停止したら? 前病院に勤めてたときにALSの患者さんは人工呼吸器をつけるか、つけないか、初期のうちに確認していた。本人の意志が優先されてた。 うちの子は年長だけど、そんな難しい話は本人は分からない。でも、いざ脳死になったら親としてドナーを選ぶと思う。 最後お父さんが「心臓が止まった時が死んだ時」って言って医師が「じゃあまだどこかで生きてる」って言った言葉が刺さった。

約22時間前

33df5407 af27 4b67 a86a 9a8e0f1061fb8878da00 00f9 4f14 aaec eca7195cf316Icon user placeholder 86
室町無頼

室町無頼

5cef2405 2710 4cb7 89d6 a4e067fea66d

にんざぶろう

学生

応仁の乱へと続く一揆の先駆けとなった一揆を舞台にした、蓮田兵衛、骨皮道賢、才蔵の話。 歴史エンタメ小説として、個々のキャラクターはもちろん、武芸を極めるまでの描写や、廃れていく京に対してのそれぞれの使命・人生観が色濃く描かれていた。特に兵衛の思考・生き方(銭よりも動くものがある)は興味深いものがあった。 イッキ読み。

約23時間前

F3944f27 541f 46be adc2 ac4bc458740908634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cC3b1d84d d7fc 4c10 8843 f2a06456e39e