Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
31gqrzkhsil

暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルク空港に着陸すると、天井のスピーカーから小さな音でビートルズの『ノルウェイの森』が流れ出した。僕は一九六九年、... 続き

コメント

都会で暮らす若い独身の男が、孤独を抱えながらどうやって毎日を過ごせばいいのかを教えてくれた。古い本を読んで外国語を勉強し、バイトをすればいいのだ。

おかげで近視が進み、フランス語が話せるようになったが、教室でかわいくて活発な女の子に話しかけられることはなかった。

初めて読んだ村上作品がこれ。
寝かせては読み、を繰り返してきた。恋愛小説でもあるが、不完全な自分と向き合う人たちの話。夏の終わりの、しとしとと雨が降る様な静かな日に読みたい。

映画は観るんじゃなかった。唯一良かったのは突撃隊だけ。

そんなことは罪でもなんでもありません。このだだっ広い世界にはよくあることです。天気の良い日に美しい湖にボートを浮かべて、空もきれいだし湖も美しいというのと同じです。そんな風に悩むのはやめなさい。放っておいても物事は流れるべき方向に流れるし、どれだけベストを尽しても人は傷つくときは傷つくのです。人生とはそういうものです。

「自分がやりたいことをやるのではなく、やるべきことをやるのが紳士だ」って言葉が印象的

「じゃあ私のお願いをふたつ聞いてくれる?」「みっつ聞くよ」のとこなんか好き!

初めて読んだ村上春樹さんの本です。
何度も読みたいと思いました

冬の季節、寝る前に少しずつ読み進めた

読まず嫌いしてた村上春樹にハマるきっかけになった本。大学で東京に出て1人暮らしする時に読んだせいで共感できる孤独感というのがあった。(もちろん、誰かを亡くすという孤独感とは比べ物にならないのだろうが。)

上、下で完結する現代小説の代表的なラブストーリー。これほどまでに人物を読者にありありと想像させてくれる本は初めて。自分の恋愛観、人生観が変わった。もう一度、いや、何回でも読み直したいと思った。時々哲学的な科白が登場するが、すとんと心に落ちてくる。大好きな作品だと胸を張って言える。

読者

E765d9b7 e2e4 458e aee7 996c28e32e4057dd0b18 294e 4c45 b7d2 83c49e342e6e2c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a045267Af8dc809 5756 4903 94f5 c4e7debcec393892591c 0775 431c 9aef 06fd4b8301ccC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba2499153cb2496 6d0b 4983 a459 d70ce1f3e687Icon user placeholder 130人

村上春樹の本

MONKEY vol.12 翻訳は嫌い?

MONKEY vol.12 翻訳は嫌い?

E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4

avocado901

読むのは主に翻訳小説だけど、本棚…

特集「翻訳は嫌い?」に惹かれて購入。外文が好物なので。 巻頭の「日本翻訳史 明治篇」では、坪内逍遙や二葉亭四迷らが、西洋文学の翻訳を通して、新しい日本語(今私たちが読み書きしている日本語)を生み出していった歴史が述べられており、大変興味深く読みました。 「翻訳講座 村上春樹+柴田元幸」は、原文とお二人の訳文を比較しながら、良い翻訳とは何かについて論じています。私は柴田氏の翻訳が選書も含めて大好きなのですが、正確さよりも物語の雰囲気を重視した村上春樹の翻訳も読みやすくていいものだなあ、と思いました。

5か月前

Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa46dbdc6a4 9d7e 4688 a23d b7db3958e1b5