31gqrzkhsil

暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルク空港に着陸すると、天井のスピーカーから小さな音でビートルズの『ノルウェイの森』が流れ出した。僕は一九六九年、... 続き

コメント

都会で暮らす若い独身の男が、孤独を抱えながらどうやって毎日を過ごせばいいのかを教えてくれた。古い本を読んで外国語を勉強し、バイトをすればいいのだ。

おかげで近視が進み、フランス語が話せるようになったが、教室でかわいくて活発な女の子に話しかけられることはなかった。

初めて読んだ村上作品がこれ。
寝かせては読み、を繰り返してきた。恋愛小説でもあるが、不完全な自分と向き合う人たちの話。夏の終わりの、しとしとと雨が降る様な静かな日に読みたい。

映画は観るんじゃなかった。唯一良かったのは突撃隊だけ。

そんなことは罪でもなんでもありません。このだだっ広い世界にはよくあることです。天気の良い日に美しい湖にボートを浮かべて、空もきれいだし湖も美しいというのと同じです。そんな風に悩むのはやめなさい。放っておいても物事は流れるべき方向に流れるし、どれだけベストを尽しても人は傷つくときは傷つくのです。人生とはそういうものです。

「自分がやりたいことをやるのではなく、やるべきことをやるのが紳士だ」って言葉が印象的

「じゃあ私のお願いをふたつ聞いてくれる?」「みっつ聞くよ」のとこなんか好き!

初めて読んだ村上春樹さんの本です。
何度も読みたいと思いました

冬の季節、寝る前に少しずつ読み進めた

直子は死を、緑は生を。生と死の物語

読まず嫌いしてた村上春樹にハマるきっかけになった本。大学で東京に出て1人暮らしする時に読んだせいで共感できる孤独感というのがあった。(もちろん、誰かを亡くすという孤独感とは比べ物にならないのだろうが。)

上、下で完結する現代小説の代表的なラブストーリー。これほどまでに人物を読者にありありと想像させてくれる本は初めて。自分の恋愛観、人生観が変わった。もう一度、いや、何回でも読み直したいと思った。時々哲学的な科白が登場するが、すとんと心に落ちてくる。大好きな作品だと胸を張って言える。

読者

699fafbc 8f1c 4fe0 9ba5 b924679d1b13Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25fC73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bFc63e30e b964 48e5 9f16 c61baab2fdac2263f4a2 791b 4ffe b8fe 94d359b929a9Icon user placeholder298d8ec4 cdf8 4a9c a1ce 87ea3679bd45A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955f 143人

村上春樹の本

バースデイ・ガール

バースデイ・ガール

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

二十歳の誕生日にアルバイトをしているお店のオーナーから ひとつだけ願いを叶えてあげると言われた主人公 その願いは 本文ではあかされなかったが 時間のかかる願い事らしい ひとつだけの願いって難しい 煩悩だらけの自分には 決められないかも

約1か月前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2412c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a045267
バビロンに帰る―ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック〈2〉

バビロンに帰る―ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック〈2〉

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

昔から好きな作家だし訳者だし、ほぼ全部読んでるはずだし再読するか、と思って手にとってみたらこれが未読の〜正確にいうと短編5編のうちいくつかが読んだ記憶のないもの〜作品集でなんか得した気分。短編と訳者である春樹さんのエッセイ、それに作者の「再発見」に貢献した文芸評論家の序文が収められている。「不躾なくらいに気前よく才能を撒き散らす作家」と訳者が言うとおり今読んでも古さを感じない作品ばかり。特にタイトル作は何度読んでも味わい深く素晴らしい。

3か月前