31gqrzkhsil

暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルク空港に着陸すると、天井のスピーカーから小さな音でビートルズの『ノルウェイの森』が流れ出した。僕は一九六九年、... 続き

コメント

都会で暮らす若い独身の男が、孤独を抱えながらどうやって毎日を過ごせばいいのかを教えてくれた。古い本を読んで外国語を勉強し、バイトをすればいいのだ。

おかげで近視が進み、フランス語が話せるようになったが、教室でかわいくて活発な女の子に話しかけられることはなかった。

「自分がやりたいことをやるのではなく、やるべきことをやるのが紳士だ」って言葉が印象的

「じゃあ私のお願いをふたつ聞いてくれる?」「みっつ聞くよ」のとこなんか好き!

誰でも持っている人格的な歪みを
受け入れることができるか、できないか。
内面の弱さと向き合う人たちが描かれているのだと考えました。
ワタナベにも緑にも直美にもキズキにも、突撃隊にも、共感できる部分がありました。
それぞれの登場人物に弱さや不安定さ(歪み)はあるけど、そこが可愛いところであり、美点なんだと思えます。
現実には、自分の歪みを受け入れてくれる人が少なからずいると思います。
そういう人を、いつまでも大事にしたいですね。

読まず嫌いしてた村上春樹にハマるきっかけになった本。大学で東京に出て1人暮らしする時に読んだせいで共感できる孤独感というのがあった。(もちろん、誰かを亡くすという孤独感とは比べ物にならないのだろうが。)

人間の本質がわかりやすく表現してある!

自分の殻にすっと入って、痛みから自らを守ろうとする人

殻に隠せない痛みを圧縮して抱えて、致死的に隠し込んでしまう閉じた人

地獄を、徹底的に理論化して生き通してしまう「頭のいい」人

いろんな哀しみが遠くに小さく灯っている、という風に自分は感じた。

何度読んでも違う感じ方ができる、あたたかくて哀しくてやる瀬ない物語。

初めて読んだ村上作品がこれ。
寝かせては読み、を繰り返してきた。恋愛小説でもあるが、不完全な自分と向き合う人たちの話。夏の終わりの、しとしとと雨が降る様な静かな日に読みたい。

映画は観るんじゃなかった。唯一良かったのは突撃隊だけ。

そんなことは罪でもなんでもありません。このだだっ広い世界にはよくあることです。天気の良い日に美しい湖にボートを浮かべて、空もきれいだし湖も美しいというのと同じです。そんな風に悩むのはやめなさい。放っておいても物事は流れるべき方向に流れるし、どれだけベストを尽しても人は傷つくときは傷つくのです。人生とはそういうものです。

初めて読んだ村上春樹さんの本です。
何度も読みたいと思いました

冬の季節、寝る前に少しずつ読み進めた

直子は死を、緑は生を。生と死の物語

上、下で完結する現代小説の代表的なラブストーリー。これほどまでに人物を読者にありありと想像させてくれる本は初めて。自分の恋愛観、人生観が変わった。もう一度、いや、何回でも読み直したいと思った。時々哲学的な科白が登場するが、すとんと心に落ちてくる。大好きな作品だと胸を張って言える。

これ読んで面白いとか言っちゃう文学的でつまらん人間にはなりたくねえわ。

冗長なセリフとか文体が独特で、登場人物たちの人格の歪みよりもそちらが目立ってしまう

読者

Icon user placeholderDa3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e1Db65aad3 165c 4dd2 accb d5243cc1b55890a75e30 a2dc 40fc b779 5ebad57b901dA18c04d8 e733 48ad 9301 ee62a52b5fb6Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b6a5d1d58 57a1 4b13 a379 325503cf96d70970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a 229人

村上春樹の本

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

18日前

0b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd197d65eb17 0d6a 4e37 9812 f1803c1fcc6680e02f84 921f 4faa be0d 64c6a3f8a453 22