31gqrzkhsil

発行元から

暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルク空港に着陸すると、天井のスピーカーから小さな音でビートルズの『ノルウェイの森』が流れ出した。僕は一九六九年、もうすぐ二十歳になろうとする秋のできごとを思い出し、激しく混乱し、動揺していた。限りない喪失と再生を描き新境地を拓いた長編小説。

村上春樹の本

村上T 僕の愛したTシャツたち

村上T 僕の愛したTシャツたち

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a

まる

発芽マニア? 旅と文庫本と熱帯…

この本の中で私が着たいTシャツはやっぱり、安西水丸さんのナマケモノTシャツかな。あとはレコード柄全般に、書体がいいなと思うレタリングTシャツ、あと森林火災防止とヴェンチュラ・サーフショップのTシャツもいいな。 村上春樹氏は小説よりもエッセイやコラムが好きです。邪道ですかね?

7日前

Abc1de4b dc2a 4789 84d7 98750019aa01Icon user placeholderIcon user placeholder 17
一人称単数

一人称単数

D7f82aff 40b8 4edd befd 9f95dda77deb

みかんぼうや

電子書籍ラバー 記憶に残すために…

村上春樹の短編集。主人公の視点で「あの時の思い出に出てきたあの人」を軸に思い出話が語られる。村上春樹調の文体により、どこまでがリアルでどこまでがイマジネーションなのかが曖昧になって、空間がねじれているような居心地がしてくる。途中から果たして、語っている主人公はフィクションなのか、村上春樹本人なのか、も定かではなくなる。 短編集で気軽に読めて、村上春樹ワールドに足先だけ浸かれるような作品。

12日前

92a74c15 b62c 414d 8546 6351ea43f7f5B9d63c5e 6d78 4ace b8d0 42d089dfc3f4387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4f 13
めくらやなぎと眠る女

めくらやなぎと眠る女

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

24の短編。 久しぶりに村上春樹の作品を読んだら思いの外面白くて、連続する不思議な世界にすっかりはまった。   トニー滝谷、ハナレイ・ベイが好き

25日前

Qvbsav81 normalAd9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee17a870942 a833 46d3 992a b47a2de2945f