31gqrzkhsil

暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルク空港に着陸すると、天井のスピーカーから小さな音でビートルズの『ノルウェイの森』が流れ出した。僕は一九六九年、... 続き

コメント

読まず嫌いしてた村上春樹にハマるきっかけになった本。大学で東京に出て1人暮らしする時に読んだせいで共感できる孤独感というのがあった。(もちろん、誰かを亡くすという孤独感とは比べ物にならないのだろうが。)

その他のコメント

都会で暮らす若い独身の男が、孤独を抱えながらどうやって毎日を過ごせばいいのかを教えてくれた。古い本を読んで外国語を勉強し、バイトをすればいいのだ。

おかげで近視が進み、フランス語が話せるようになったが、教室でかわいくて活発な女の子に話しかけられることはなかった。

読者

68c6225a 9e79 41b5 a470 020dd32fb9eaB0fb326e aa55 4ad1 a342 aeb0088fc3baA3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c2D560a034 941d 4c62 88a2 ecf4b20b504bEe29613b 0434 4882 bfe9 3fbc1b4e623831fb7d3e c1fc 4e60 9c9b 477a07f2f4f0722c0bca 3b87 4156 94ec 10234f3745ddIcon user placeholder 240人

村上春樹の本

象工場のハッピーエンド

象工場のハッピーエンド

A10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af3

そらもよう

空中ランダムウォーク(仮)

安西水丸さんのイラストたっぷり味わいながら、村上春樹さんの軽快なリズムに乗って、いつのまにか音読していた。。。あの羊男さんや双子も登場、「マイ・スニーカー・ストーリー」に目が点になり「鏡の中の夕焼け」にるるる。白ワインとマスクメロンのイラストいいな〜と思いつつ、書体がいろいろで楽しいです。

5日前

走ることについて語るときに僕の語ること

走ることについて語るときに僕の語ること

200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0

マシロ

積ん読が其処彼処に小山を築いてい…

実際日常的に走っている人の走ることについての文章が読みたくて読んだんですけど、読んでよかった。村上春樹の文章についてはつらつらと読めてしまい、気が向いたときに手に取るという感じでこれまで読んできたので、エッセイ的なもの(本作では「メモワールのようなもの」としていますが)は初めて手にしたのですが、元々いろんなことに興味のある人の文章という感じで、読んでいて面白いなぁ。しかし毎年フルマラソンを走り、また毎月走る距離を管理しているというのはすごい。あと小説を書くことについても書かれていたのが個人的に興味深かった。

11日前

7a9cc2e9 e307 4227 aceb 7b80eea8b47cE5c15d86 fa5a 4766 a6aa bf26459b98227488fce7 afb7 46f0 9f41 1aee0af84bfb