31gqrzkhsil

暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルク空港に着陸すると、天井のスピーカーから小さな音でビートルズの『ノルウェイの森』が流れ出した。僕は一九六九年、... 続き

コメント

これ読んで面白いとか言っちゃう文学的でつまらん人間にはなりたくねえわ。

その他のコメント

都会で暮らす若い独身の男が、孤独を抱えながらどうやって毎日を過ごせばいいのかを教えてくれた。古い本を読んで外国語を勉強し、バイトをすればいいのだ。

おかげで近視が進み、フランス語が話せるようになったが、教室でかわいくて活発な女の子に話しかけられることはなかった。

読者

Icon user placeholderDa3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e1Db65aad3 165c 4dd2 accb d5243cc1b55890a75e30 a2dc 40fc b779 5ebad57b901dA18c04d8 e733 48ad 9301 ee62a52b5fb6Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b6a5d1d58 57a1 4b13 a379 325503cf96d70970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a 229人

村上春樹の本

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

21日前

0b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd197d65eb17 0d6a 4e37 9812 f1803c1fcc6680e02f84 921f 4faa be0d 64c6a3f8a453 22