31gqrzkhsil

暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルク空港に着陸すると、天井のスピーカーから小さな音でビートルズの『ノルウェイの森』が流れ出した。僕は一九六九年、... 続き

コメント

その他のコメント

都会で暮らす若い独身の男が、孤独を抱えながらどうやって毎日を過ごせばいいのかを教えてくれた。古い本を読んで外国語を勉強し、バイトをすればいいのだ。

おかげで近視が進み、フランス語が話せるようになったが、教室でかわいくて活発な女の子に話しかけられることはなかった。

読者

Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b6a5d1d58 57a1 4b13 a379 325503cf96d70970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aFcfce7fe 5b25 4fd2 ad1b 823611af194fD58a0b0d e5d7 4b5f 843e 259541388591Icon user placeholder81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c84f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43 225人

村上春樹の本

バースデイ・ストーリーズ

バースデイ・ストーリーズ

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

近年は翻訳家としての仕事のほうが好きな作家がまとめたアンソロジー。これ読んだことあったかな、と思ったので手にとってた誕生日をテーマにした短編集。収録されている作家はラッセル・バンクス、デニス・ジョンソン、ウィリアム・トレヴァー、ダニエル・ライオンズ、リンダ・セクソン、ポール・セロー、デイヴィッド・フォスター・ウォレス、イーサン・ケイニン、アンドレア・リー、レイモンド・カーヴァー、クレア・キーガン、ルイス・ロビンソンに翻訳家自身の作品が一つの全13編。半分くらい知らない読んだことのない作家の作品でこういうアンソロジーって新たな才能を知ることができてよいです。作家というものはひねくれているのか誕生日というテーマで幸福感の溢れたハッピーエンディングな作品は皆無。ダークでそれでいて味わい深い作品ばかりで素晴らしかった。そして最後の作家自身の作品でやっと大昔に読んだことがあることに気がついた(笑)

4か月前

C42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea2Picture4f0ea177 743f 4ed5 8718 2763ce43fdae