51rix39uwhl

あらゆる物事を深刻に考えすぎないようにすること、あらゆる物事と自分の間にしかるべき距離を置くこと-。あたらしい僕の大学生活はこうしてはじまった。自殺した親... 続き

コメント

「喪失」の影が色濃くつきまとう1969年の日本で過ごす青春。人々にとって死が生の中にあった頃、登場人物たちはみな深くて暗い野井戸に落ちそうな危うさ、不安定さを持っている。哀愁漂う若さ、退廃感。生まれてすらいなかったのに、"あの時代"が懐かしい。

読んだ回数だったら、生涯でこの作品をこえる本は出ないかもしれないなあ

何度も読んだ...自分とは重ならないが
主人公はどこへたどり着いたのだろう

「世界中のジャングルの虎がみんな溶けてバターになってしまうくらい好きだ」

上下巻通して読みました
時々解釈が難しくて読み返したり…
何度も読むうちにわかるようになるのかなと
ワタナベ君、壊れてしまわないか少し不安でした

高校生になって初めての冬、静かに衝撃を受けた

こんなにもセックスを哀しくてあたたかいものとして描かれた小説を他に知らない。

今私は生きている。
生きなきゃ。

緑の巻(生の巻)残された者たちの生き方を考えさせられました。

この本面白ー!

80年代のベストセラー、良くも悪くも批評されてしまう作品を、映画化決定!というニュースを聞き、久しぶりに読んでみたくなりました(そのほかにもいろいろなキッカケがあったのですが)。

批評をするなら、おそらく様々な切り口があり、もう既にいろいろな方がやられていますし、私のはいつもただの感想なのですけれど、村上 春樹さんの文章について書くのはなかなか恥ずかしいです。で、何が恥ずかしくさせるのか?と申しますと、ちょっと自意識過剰な風に見られることだと思います。正直に感想を書くので余計に恥ずかしいのですが。

この作品も村上 春樹さんの作品の特徴(あちらの世界とこちらの世界という2つの世界が出てきたり、自身に非は無いものの巻き込まれる事や、大きな理由が示されないのに複数の女性に好かれる事や、様々に魅力的なキャラクターたちや、使用される楽曲の選曲とその場面での相性の良さ、時々出てくる固有名詞を交えるのが絶妙な事とか、物語を終えた後の余韻の深さ等)がたくさん出てきますが、これは物語に入り込める人にとっては心地よく、気に触る方にはたいへん気に障る文章だと思います。しかし、入り込ませる技術も、文体も、そしてなにより読みやすさも、私は良い事と考えます。入り込んで読むと確かに心地よく感情を揺り動かされますし、緑のお父さんと病室でキュウリを食べるシーンや、永沢さんという特異なキャラクターも、またハツミさんのその後を描いたスケッチなど大変上手いと感じます。小説を読む醍醐味はやはり入り込む事ですから。

ただ、入り込めない方も数多くいる事も充分理解できます。僕ことワタナベくんはとても自意識過剰に見えますし、物事から距離を置くその置き方、距離感にイチイチ興醒めされる感情も分からないではないですから。特に客観的な女性や体育関係男子には受けが悪い事は村上さんも承知の上でしょうし。言葉使いも癇に障るでしょうしね、「やれやれ」とか。でも入り込めている方にはその言葉使いまでもがたまらないわけです、以前の私もそうでしたので大変よく分かります。

ですから、ずっと村上ファンでい続ける事は難しく、あまり為にならないのですが、自意識過剰な時期というものを通らない個人主義を私は危険と考え(その行動がどう周りに映るか?を自意識過剰な時の自分の姿を客観視すると非常に恥ずかしくなり自制に働くチカラは大きいと思います)ますし、成長もないですから。痛い目に合いたくないから殻に篭るだけでは、まさにどうしようもないのですから。ですが、この部分を作者村上 春樹さんに重ねて批判する方が多いのですが、当然作者は分かって書いていると私は思います。エッセイにも様々出てきますが、凄く強情な筋の通った個人主義者(有名な話しですが、とある全集に村上さんの作品を入れる事を事前に連絡をしなかった編集者が大変怒らせ、村上さんに恩のある人物を通してお願いしてきても首を縦に振らなかったそうで、その編集者は...という結果)ですから。だからこそ小説を書けるのでしょうけれど。通過する意味が私はあると思います。それにこれだけ多くの人に「私が1番この小説を理解できてるんだ」と思わせるチカラって凄いです。ここまで文体で、ストーリーで、特殊な世界観を醸し出す、中毒にさせるチカラを持つ小説家はそう多くは無いと思いますし。

ただ、今映画化するのは大変だろうと思います、なにしろ村上ファンの方々は映画化をそれほど望まないであろうし、村上ファンでない方々は初めから見たくないと考えるのでは?と思うからです。この作品は「手紙」がたくさん関わってくるのですが、これだけメールに慣れた時代にどういう風に映るか?も気がかりです。手紙でしか伝わらないモノがありますし、それは手紙を書いたり、受け取ったりした経験の少ない人には分かりにくい感覚でしょうし。映像でさらに伝わりにくいもののような気がしますが、どうなんでしょう?

100パーセントの純愛小説 というフレーズで広まった現象でした、結構懐かしく、その当時のことを思い出しました。もう20年も前の話しなのです。その当時は「流行っている事」と「エロい事」で有名だったのですが、今も昔も私個人的にはあんまり「やらしく」はないのではないか?と思います。再読して1番びっくりした事はレイコさんはかなり若い設定なのだ、という事です、30代後半(おそらく40直前)なのですが、それって今の私と同じ歳!にビックリ。80年代を(あるいは舞台になっている1969年から1970年を)懐かしむ方に、村上 春樹作品が好きな方に、「手紙」を書いたり、書かれたりが(それを含む行為などが)懐かしい方にオススメ致します。

2008年 8月

最後の解釈はどうかしら???答えがきになる

男の人ってこういう風にして大人になるのかな。
これは恋愛小説といえるのか、それとも?

「それは何を見ても何を感じても何を考えても、結局すべてはブーメランのように自分自身の手もとに戻ってくるという年代だったのだ。」(引用)

小説の最後の一文を読み終えたあと、第一章に至るまでの主人公の道のりに思いをはせると、
生き続けることの意味と強さについて、考えこんでしまう。

読者

Ac1d5f94 b6a9 40e6 b076 dbc4248fdcf3A4001862 ae56 411d 90d5 27f6f54822b250ff831e bff4 4d10 a926 08b8593996ffC6743f05 5a1b 479c 8c59 a350d452bdc8D560a034 941d 4c62 88a2 ecf4b20b504bBea28fd9 62a4 4e32 9ccc 94b1689a39e933c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf7378523dc18 683d 4b81 9763 d4dee962c0d4 165人

村上春樹の本

ペンギン・ブックスが選んだ日本の名短篇29

ペンギン・ブックスが選んだ日本の名短篇29

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

村上春樹作品の英訳で知られる日本文学研究者ジェイ・ルービン。夏目漱石や芥川龍之介なども翻訳しているらしい…がイギリスの老舗出版社(だと思うんだよな。昔ペーパーバックってここのオレンジのやつしか無かったような気もする。なんかイメージ的には岩波?)から出した日本の作家の短編アンソロジー。序文を村上春樹が書いてて、自作も二つ収録されているが、なんでこれ?みたいなこと書いてて面白かった。正直なところ日本文学はそんなに得意ではないのだけどかなり面白く読めた。収録はテーマ毎で特に時系列というわけではなくこういう形式も面白いかな、と思った。列記するとこんな感じ。知らない作家も何人かいたけどどれもクオリティ高く選者の力量を感じた。小説好きの方にはおすすめです。 (日本と西洋) 監獄署の裏 永井荷風 (忠実なる戦士) 興津弥五右衛門の遺書 森鷗外 憂国 三島由紀夫 (男と女 ) 焔 津島佑子 箱の中 河野多惠子 残りの花 中上健次 ハチハニー 吉本ばなな 山姥の微笑 大庭みな子 二世の縁 拾遺 円地文子 (自然と記憶) 桃 阿部昭 『物理の館物語』 小川洋子 忘れえぬ人々 国木田独歩 1963/1982のイパネマ娘 村上春樹 ケンブリッジ・サーカス 柴田元幸 (近代的生活、その他のナンセンス) 屋根裏の法学士 宇野浩二 工場のある街 別役実 愛の夢とか 川上未映子 肩の上の秘書 星新一 (恐怖) 砂糖で満ちてゆく 澤西祐典 件 内田百閒 (災厄 天災及び人災) 大地震・金将軍 芥川龍之介 虫 青来有一 ピンク 星野智幸 UFOが釧路に降りる 村上春樹 日和山 佐伯一麦 マーガレットは植える 松田青子 今まで通り 佐藤友哉

約2か月前

A0c83aa7 024d 4bf8 b6a8 c554669d0e4d7a9cc2e9 e307 4227 aceb 7b80eea8b47c
象工場のハッピーエンド

象工場のハッピーエンド

A10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af3

そらもよう

空中ランダムウォーク(仮)

安西水丸さんのイラストたっぷり味わいながら、村上春樹さんの軽快なリズムに乗って、いつのまにか音読していた。。。あの羊男さんや双子も登場、「マイ・スニーカー・ストーリー」に目が点になり「鏡の中の夕焼け」にるるる。白ワインとマスクメロンのイラストいいな〜と思いつつ、書体がいろいろで楽しいです。

4か月前

走ることについて語るときに僕の語ること

走ることについて語るときに僕の語ること

200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0

マシロ

積ん読が其処彼処に小山を築いてい…

実際日常的に走っている人の走ることについての文章が読みたくて読んだんですけど、読んでよかった。村上春樹の文章についてはつらつらと読めてしまい、気が向いたときに手に取るという感じでこれまで読んできたので、エッセイ的なもの(本作では「メモワールのようなもの」としていますが)は初めて手にしたのですが、元々いろんなことに興味のある人の文章という感じで、読んでいて面白いなぁ。しかし毎年フルマラソンを走り、また毎月走る距離を管理しているというのはすごい。あと小説を書くことについても書かれていたのが個人的に興味深かった。

4か月前

406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4628c2ab5 603b 4834 b049 afcd7a532dc4 10