51rix39uwhl

あらゆる物事を深刻に考えすぎないようにすること、あらゆる物事と自分の間にしかるべき距離を置くこと-。あたらしい僕の大学生活はこうしてはじまった。自殺した親... 続き

コメント

80年代のベストセラー、良くも悪くも批評されてしまう作品を、映画化決定!というニュースを聞き、久しぶりに読んでみたくなりました(そのほかにもいろいろなキッカケがあったのですが)。

批評をするなら、おそらく様々な切り口があり、もう既にいろいろな方がやられていますし、私のはいつもただの感想なのですけれど、村上 春樹さんの文章について書くのはなかなか恥ずかしいです。で、何が恥ずかしくさせるのか?と申しますと、ちょっと自意識過剰な風に見られることだと思います。正直に感想を書くので余計に恥ずかしいのですが。

この作品も村上 春樹さんの作品の特徴(あちらの世界とこちらの世界という2つの世界が出てきたり、自身に非は無いものの巻き込まれる事や、大きな理由が示されないのに複数の女性に好かれる事や、様々に魅力的なキャラクターたちや、使用される楽曲の選曲とその場面での相性の良さ、時々出てくる固有名詞を交えるのが絶妙な事とか、物語を終えた後の余韻の深さ等)がたくさん出てきますが、これは物語に入り込める人にとっては心地よく、気に触る方にはたいへん気に障る文章だと思います。しかし、入り込ませる技術も、文体も、そしてなにより読みやすさも、私は良い事と考えます。入り込んで読むと確かに心地よく感情を揺り動かされますし、緑のお父さんと病室でキュウリを食べるシーンや、永沢さんという特異なキャラクターも、またハツミさんのその後を描いたスケッチなど大変上手いと感じます。小説を読む醍醐味はやはり入り込む事ですから。

ただ、入り込めない方も数多くいる事も充分理解できます。僕ことワタナベくんはとても自意識過剰に見えますし、物事から距離を置くその置き方、距離感にイチイチ興醒めされる感情も分からないではないですから。特に客観的な女性や体育関係男子には受けが悪い事は村上さんも承知の上でしょうし。言葉使いも癇に障るでしょうしね、「やれやれ」とか。でも入り込めている方にはその言葉使いまでもがたまらないわけです、以前の私もそうでしたので大変よく分かります。

ですから、ずっと村上ファンでい続ける事は難しく、あまり為にならないのですが、自意識過剰な時期というものを通らない個人主義を私は危険と考え(その行動がどう周りに映るか?を自意識過剰な時の自分の姿を客観視すると非常に恥ずかしくなり自制に働くチカラは大きいと思います)ますし、成長もないですから。痛い目に合いたくないから殻に篭るだけでは、まさにどうしようもないのですから。ですが、この部分を作者村上 春樹さんに重ねて批判する方が多いのですが、当然作者は分かって書いていると私は思います。エッセイにも様々出てきますが、凄く強情な筋の通った個人主義者(有名な話しですが、とある全集に村上さんの作品を入れる事を事前に連絡をしなかった編集者が大変怒らせ、村上さんに恩のある人物を通してお願いしてきても首を縦に振らなかったそうで、その編集者は...という結果)ですから。だからこそ小説を書けるのでしょうけれど。通過する意味が私はあると思います。それにこれだけ多くの人に「私が1番この小説を理解できてるんだ」と思わせるチカラって凄いです。ここまで文体で、ストーリーで、特殊な世界観を醸し出す、中毒にさせるチカラを持つ小説家はそう多くは無いと思いますし。

ただ、今映画化するのは大変だろうと思います、なにしろ村上ファンの方々は映画化をそれほど望まないであろうし、村上ファンでない方々は初めから見たくないと考えるのでは?と思うからです。この作品は「手紙」がたくさん関わってくるのですが、これだけメールに慣れた時代にどういう風に映るか?も気がかりです。手紙でしか伝わらないモノがありますし、それは手紙を書いたり、受け取ったりした経験の少ない人には分かりにくい感覚でしょうし。映像でさらに伝わりにくいもののような気がしますが、どうなんでしょう?

100パーセントの純愛小説 というフレーズで広まった現象でした、結構懐かしく、その当時のことを思い出しました。もう20年も前の話しなのです。その当時は「流行っている事」と「エロい事」で有名だったのですが、今も昔も私個人的にはあんまり「やらしく」はないのではないか?と思います。再読して1番びっくりした事はレイコさんはかなり若い設定なのだ、という事です、30代後半(おそらく40直前)なのですが、それって今の私と同じ歳!にビックリ。80年代を(あるいは舞台になっている1969年から1970年を)懐かしむ方に、村上 春樹作品が好きな方に、「手紙」を書いたり、書かれたりが(それを含む行為などが)懐かしい方にオススメ致します。

2008年 8月

その他のコメント

「喪失」の影が色濃くつきまとう1969年の日本で過ごす青春。人々にとって死が生の中にあった頃、登場人物たちはみな深くて暗い野井戸に落ちそうな危うさ、不安定さを持っている。哀愁漂う若さ、退廃感。生まれてすらいなかったのに、"あの時代"が懐かしい。

読んだ回数だったら、生涯でこの作品をこえる本は出ないかもしれないなあ

読者

Ad38bb73 d5b8 4fdf a4d3 115d189e17ca9bdba2a6 5ea6 4c3b bdc3 9904edcbd5b25dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340fAba3704d c280 41c9 84da 0ac22748e82f8f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa92b16e90 982d 4518 b65e 99fb68d4b3888c2edbaf 970b 4af3 92c3 d60fd68dbe017ca76e39 8ee5 4881 93a3 5e6f31ddb791 57人

村上春樹の本