51rix39uwhl

あらゆる物事を深刻に考えすぎないようにすること、あらゆる物事と自分の間にしかるべき距離を置くこと-。あたらしい僕の大学生活はこうしてはじまった。自殺した親... 続き

コメント

高校生になって初めての冬、静かに衝撃を受けた

その他のコメント

「喪失」の影が色濃くつきまとう1969年の日本で過ごす青春。人々にとって死が生の中にあった頃、登場人物たちはみな深くて暗い野井戸に落ちそうな危うさ、不安定さを持っている。哀愁漂う若さ、退廃感。生まれてすらいなかったのに、"あの時代"が懐かしい。

読んだ回数だったら、生涯でこの作品をこえる本は出ないかもしれないなあ

読者

Fcfce7fe 5b25 4fd2 ad1b 823611af194f81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8Icon user placeholder4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43F1027b2e 74de 43c0 bd70 d9092667dd3bF1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e518e3dc1fe b2ad 42ea 9adb 907da9f82d9f2f526087 9792 4478 b63b dc5f9bca29cb 148人

村上春樹の本

バースデイ・ストーリーズ

バースデイ・ストーリーズ

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

近年は翻訳家としての仕事のほうが好きな作家がまとめたアンソロジー。これ読んだことあったかな、と思ったので手にとってた誕生日をテーマにした短編集。収録されている作家はラッセル・バンクス、デニス・ジョンソン、ウィリアム・トレヴァー、ダニエル・ライオンズ、リンダ・セクソン、ポール・セロー、デイヴィッド・フォスター・ウォレス、イーサン・ケイニン、アンドレア・リー、レイモンド・カーヴァー、クレア・キーガン、ルイス・ロビンソンに翻訳家自身の作品が一つの全13編。半分くらい知らない読んだことのない作家の作品でこういうアンソロジーって新たな才能を知ることができてよいです。作家というものはひねくれているのか誕生日というテーマで幸福感の溢れたハッピーエンディングな作品は皆無。ダークでそれでいて味わい深い作品ばかりで素晴らしかった。そして最後の作家自身の作品でやっと大昔に読んだことがあることに気がついた(笑)

4か月前

C42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea2Picture4f0ea177 743f 4ed5 8718 2763ce43fdae