51rix39uwhl

あらゆる物事を深刻に考えすぎないようにすること、あらゆる物事と自分の間にしかるべき距離を置くこと-。あたらしい僕の大学生活はこうしてはじまった。自殺した親... 続き

コメント

その他のコメント

「喪失」の影が色濃くつきまとう1969年の日本で過ごす青春。人々にとって死が生の中にあった頃、登場人物たちはみな深くて暗い野井戸に落ちそうな危うさ、不安定さを持っている。哀愁漂う若さ、退廃感。生まれてすらいなかったのに、"あの時代"が懐かしい。

読んだ回数だったら、生涯でこの作品をこえる本は出ないかもしれないなあ

読者

7d6738ca 1bcd 4f9c 8dff 7d9b6abf851aBe919737 6a37 4b8d 82fd 881383ff06e690a75e30 a2dc 40fc b779 5ebad57b901dFcfce7fe 5b25 4fd2 ad1b 823611af194f81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8Icon user placeholder4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43F1027b2e 74de 43c0 bd70 d9092667dd3b 151人

村上春樹の本

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

約1か月前

9ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc652d3893ff 7bc4 4c12 af6d 249f655eb6daIcon user placeholder 25