31vrfchmgwl

コメント

言葉が綺麗
引き込まれていく…
気づくと戻れなくなる
学生のうちに読んでおくべきだったと後悔

その他のコメント

正反対の直子と緑。20歳前後だからこそ抱える悩み、葛藤、喪失。。。何度読んでも考えさせられ、発見のある小説です。

読者

417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c62fc8eb91 21fb 4f06 ad84 304282db8fbfIcon user placeholderA9316faa 8c6c 4f2e 8766 595ca5b148a381bb9d06 5842 4da2 bbe0 7a9317857d1fIcon user placeholder0b2c8078 e178 4bc4 80a0 55f6c27bea14Picture 60人

村上春樹の本

走ることについて語るときに僕の語ること

走ることについて語るときに僕の語ること

200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0

マシロ

積ん読が其処彼処に小山を築いてい…

実際日常的に走っている人の走ることについての文章が読みたくて読んだんですけど、読んでよかった。村上春樹の文章についてはつらつらと読めてしまい、気が向いたときに手に取るという感じでこれまで読んできたので、エッセイ的なもの(本作では「メモワールのようなもの」としていますが)は初めて手にしたのですが、元々いろんなことに興味のある人の文章という感じで、読んでいて面白いなぁ。しかし毎年フルマラソンを走り、また毎月走る距離を管理しているというのはすごい。あと小説を書くことについても書かれていたのが個人的に興味深かった。

5日前

7a9cc2e9 e307 4227 aceb 7b80eea8b47cE5c15d86 fa5a 4766 a6aa bf26459b98227488fce7 afb7 46f0 9f41 1aee0af84bfb