51jeucvajkl

宿敵・青葉城西を破り、迎えた王者白鳥沢との県代表決定戦決勝!! 超高校級エース・牛島の圧倒的な力に苦戦するものの、烏野は西谷のレシーブを契機にチャンスを掴... 続き

コメント

クレバーなタイプって実は諦めが悪いんだよね。結構早い段階で、これはダメだな。とか思ってるんだけど、アタマの反対側では次の可能性を探ってる。現状に対する評価・判断が早い分、多くの可能性を試せるし、本当にもう無理だとしても、今度は次のチャンスに活かせるよう考え始める。これが、感覚とか気分に頼ってるとズルズルいっちゃうのでそうはいかないし、なんなら理由なく諦めてたりする奴までいる。
なら、その『クレバーさ』とは一体何かと考えた時、一つ言えるのが『ニュアンスを数値化する能力』じゃないかと。数値化しているからこそ『75%で十分である』という仮定が成立するわけで、もう一歩踏み込んで「残りの25%をどこにどう振り分けるか』という展開も可能になる。翻って、完璧主義というのは、実は根性論なんだと思うのだ。そして圧倒的な強さも。
どっちがいいとかはない。ケースバイケースのうち、この場合はどちらにどのように軍配があがるのか。そういう構図を作り上げたのが、18巻であったように思います。

その他のコメント

読者

325bfbbb 8a07 417e aefd fab911f5fb061d08dfeb f612 44bb 8bcf 6633e24108a26655220 1486715648 normal6353b96c d22d 4587 8752 003b064d54c08405fc4a 89d7 4a7d b4ba 857ea7ee07a9E37a027b 2bdb 42cb b137 7cc3c6d4c6ef 6人

古舘春一の本

ハイキュー!! 31

ハイキュー!! 31

2293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d

aaooaui

読んだなら、書こう、なるべくなら…

熱戦は続く。前巻の田中と言い、今巻の北、西谷と木下と言い、中年男たる僕の目の下を何度涙で赤く染めるのか。刻まれる言葉、行動。それらは今日今からの僕の活力となる。 読んでほしい。まだ若いと呼ばれる人達に子達にぜひ読んでほしい。そして、願わくば手元に残し、すぐ読み返せる場所に置いておいてほしい。必要とかではないかもしれない、けど、この漫画にはとてもとても大切なことがたくさんたくさん描かれている。

11か月前

B537aa76 fc82 436c 94fd 2a26495086a710653d97 d23b 4dd4 976f 7eddc9e7ecb7Icon user placeholder
ハイキュー!! 24

ハイキュー!! 24

Ce6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af3

末次

小平市の学生

なんやかんや面白い あひるの空もこれくらいのバランスで他校の物語を扱ってくれたらいいななんて思ったりします

約2年前

10653d97 d23b 4dd4 976f 7eddc9e7ecb7Icon user placeholder4e509a26 9d20 4906 8bd3 d1be27424af4 9