41unjyoir4l

『存在と時間』は20世紀に大きな波紋を投げかけ、現在も広く読まれている書物である。その世界概念の重要性。 「不安」を引き受け、「実存を遂行」する「現存在」... 続き

コメント

法を学ぶ人のための文章作法より

読者

92b278d9 69e7 4bf5 8439 9ea7057e2c86706019c5 5941 408b 96f0 2d4ab53fcd198c2edbaf 970b 4af3 92c3 d60fd68dbe01 3人

仲正昌樹の本

4103p2cstsl
Fa6d8e33 5339 41ed 95ba f0c688dbca26

snakes +♏︎

働く人々の非恋愛軸の何かを読みた…

2009年の本。 最初は「自由と身勝手は別のものだよ。」と常々思っている事を 自由を研究している教授が定義してくるいるのが嬉しかった。 再び、取り出して読む度逃げの注目するべきテーマは変わってくる。 「自分がいったい何を自由だと思っているのか」いまはソレをもう一度突き詰めて考える時期にきているのかな?

約2か月前

418tv0bbb l
7f0f4fab 180b 4a2f 8abf 8eadec852c04

黒髪

(^o^)

丸山眞男という名前は知ってましたが一体なにをした人なのかしらなかったのと、日本人とはなんだろう?????という興味から買ったのですが他にどんどん読みたい本が出てきて途中までした読めてない!

約2年前