61mivfl igl

監督が消えた!? 伝説の天才アニメ監督・王子千晴が、9年ぶりに挑む『運命戦線リデルライト』。プロデューサーの有科香屋子が渾身の願いを込めて口説いた作品だ。... 続き

コメント

一生懸命生きたくなる作品だった。アニメについて述べられた言葉の中にも、胸を打つ言葉が散りばめられている。

仕事に対する熱意やいかにアニメを愛しているか、読んでいてぞくぞくする程伝わった。「プロ」の本気は凄いんだ、と。

私は学生だけど、これから仕事一生懸命したいと思わさせてくれた作品でした。

逃げるという選択肢は自分の中で持って置かなきゃならないものだと思うけど、逃げてはいけない時がある。そんな事を教えてくれる本だと思いました。

アニメ業界の現場を描いたお仕事小説。
アニメって監督、アニメーター、声優etcたくさんの人が携わって初めて人の心を動かす1つの作品ができるんだなあ、とこの作品を読んであらためて思った。
お仕事だから、というだけではなくてそこには「愛」がある。
香屋子の「今この瞬間、大好きなものを見つけて、これを他の人も観ていることに、たった今観たばかりだというのに嫉妬が生まれる。私がこれを見つけたのだと、自分だけのものに、したくなる。」というモノローグにとっても共感してしまった。

どの登場人物からもアニメに対して深い情熱感じた。易しい文章なので、読みやすかった。

好きなことを仕事にできて、そのなかで一生懸命に戦って?いく姿が素敵だった

アニメについて色々な方面から捉えていて、楽しいし元気をもらえる作品でした!
考えたこともなかったけれど、週一でアニメを出すってやっぱり大変なことなんだろうなぁ
沢山の仕事人の熱意あっての日本文化ともいえるアニメなんだろうし、アニメ業界に関わらず私もいつかそんな仕事と巡りあいたいです。

責任持って、アニメを一生愛し続けます!

2018/1/15読了
好きなことを仕事にするとこんなにもきつい状況でも生き生き頑張れるのかなー?と思わせてくれたお仕事小説。前向きになれます。人気のある業界はやりがい搾取とかネガティブな言葉もたくさん聞くけど、やっぱりその根底には仕事に対してのたくさんの人達の誠実さと愛情があるんだと思う。

久しぶりにキュンキュンした
この人たちを取り巻く第2段があればいいのに

読者

Icon user placeholderEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a0989f45d32 1440 4cfc 8ae6 6dcaf1a28a35Fb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f5C3a59203 fba6 43c3 aee1 1a8c39b0c61726f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b8E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1Icon user placeholder 29人

辻村深月の本

噛みあわない会話と、ある過去について

噛みあわない会話と、ある過去について

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25

おかめ麦酒

本とお酒と映画が好きです。

恐ろしいものを読んでしまった。 装丁の美しさ(書店でひとめぼれ)とは対照的にひたすらエグい。 凄い面白かった!!!これは!! 同じ時を過ごしたのに蘇る記憶は全くの別物、 自分を正当化するために記憶なんて簡単に変わってしまう。 自分の甘美な記憶は誰かの嫌な記憶なのかもしれない。またその逆もしかりで、自分にとって思い出したくもない記憶が誰かの中では今も輝かしくその人を肯定する記憶なのかもしれない。超怖い。 過去への復讐でもあり、これを読んでスカっとするかゾッとするかはその人次第なんだと思う。 またタイトルが秀逸。 「噛みあわない会話と、ある過去について」。短編集なんだけど、全てがこのタイトルにリンクしている。 「パっとしない子」と「早穂とゆかり」が特にぞわっとする。でもちょっとわかる、わかってしまう。こういうの読んでると、ずっと光のあたる所で生きてきた人は無意識に人のこと傷つけてること気づかないし、これからも気づけない。否定するわけじゃなくて、「気づけない。」だからこそその人たちに静かな復讐をするところではぞわぞわする。し、私は少し胸のすく思いがしたのも事実だ。

13日前

3524b838 24b3 4f4d abaf e21b9fdcda830d7a8e2c e124 4267 88b7 b8d8d918e9c6Icon user placeholder 8
青空と逃げる

青空と逃げる

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

窮地に陥った時、それも絶体絶命の時にどうするか。 逃げてというメッセージは多いがそれだけでよいのか? 辻村さんは躊躇なく助けを求めて!という。そしてできれば助けを求める時に、何かしら自分の得意技があれば理想で、なくてもできることをすれば世の中捨てたもんじゃないと。 助けるほうにも、相手が恐縮しすぎないように配慮できれば、いいなぁ。

3か月前

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a0d7a8e2c e124 4267 88b7 b8d8d918e9c652337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f
パッとしない子

パッとしない子

7b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea4

yklsa

最近本を読み始めました。

何気ない一言でも言われた方は傷付くこともあるし、ずっと忘れられず覚えているもの。 一言一言に注意しなければいけないなと感じる。

6か月前

4bc07991 7b8f 4559 b7ae 589ef3a19d26Icon user placeholderIcon user placeholder 19