51p9btywetl

美少女を殺害し、研ぎあげたハサミを首に突き立てる猟奇殺人犯「ハサミ男」。三番目の犠牲者を決め、綿密に調べ上げるが、自分の手口を真似て殺された彼女の死体を発... 続き

コメント

その他のコメント

メフィスト賞受賞作。
スカッとまでいかないがふーむというくらいには騙された。種明かし序盤で登場人物を軽く見失うポンコツ頭に苦笑い。
他人に対して、わからないという感覚が許容できない人はしっくりこないかも。
作者は古めの洋楽が好きなようで、作中の曲を聴きつつの読書でした。

2015/05/22 読了。

読者

Icon user placeholderE7e4c837 a83a 4e00 910f c1e1ee9acffa640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affIcon user placeholderIcon user placeholder0b56b8ca 7fd8 4e09 a015 07391f25c414E23415a9 faea 4404 a89e 7bbe4ed5be9e2fe6ee53 e4e1 4076 9c3f 8dd643856feb 84人

殊能将之の本

どんがらがん

どんがらがん

95ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5dd

シャルトリュー

漫画とライトノベルしか読んでない…

「バーナード嬢曰く」の神林が力説していた「さもなくば海は牡蠣でいっぱいに」が入った短編集。 奇想という言葉がすんなり当てはまる。

約1年前

殊能将之 未発表短篇集

殊能将之 未発表短篇集

A66a9a37 bb1a 48b9 ba9f 9e2b9decd014

夏目漱石、星新一、筒井康隆、森見…

夭折の作家、殊能将之の未発表短編3作に「ハサミ男」がメフィスト賞を受賞する前日談を盛り込んだ殊能将之ファン垂涎の一冊。 どれもミステリーでもSFでもない作品ですがしっかりと殊能将之の色が出ています。 装丁がとても好み。

約1年前

ハサミ男

ハサミ男

F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28

hikumahika

広島出身/精神科医/カープ/競馬…

これは傑作。章ごとに人称が次々と変わっていき、いったい誰が主人公なのか最後まで考えさせる。数々の主要人物の描写から言えるのは、やはりシリアルキラーに理屈なんてなく心理分析など全く無意味であること。ラストの後味も絶妙。

1年前

7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2Icon user placeholder 8
美濃牛

美濃牛

2162479a 34d3 4aa4 8b00 76884b16b27c

SUMISONIAN

本を読めば変わるのものって何

殊能将之 読書日記 2000-2009 を読んでまた読みたくなって、でも文庫版は絶版ぽくて中々見つからない。

約3年前