51ejyb7wtql

コメント

カリフォルニア州サリナスの美しい自然を背景に、小さいが切れ者のジョージと知恵は足りないが力持ちのレニーは農場から農場へと渡り歩く労働者だ。二人はいつか「土地のくれるいちばんいいものを食って暮らす」ことを夢見ながら、愉快な仲間のローレル&ハーディの珍道中の様に「あこがれの地へ」たどり着くことは遂になかった。悲劇的な結末に労働者の於かれた現実の厳しさを噛みしめる。
「レニーは木の後ろへ行って、枯葉や枯枝をひとかかえ持って来た。それを古い灰の上にドサッと投げ出すと、もっと取りに戻った。もうあたりはほとんどまっ暗だ。ハトがパタパタと水の上をゆく。ジョージはたきぎの山に歩み寄って、枯葉に火をつけた。ほのおが小枝の間でパチパチと音をたてて燃えはじめた。ジョージは包みを解いて、豆の缶詰を三個取り出す。それをほのおに触れない程度に近づけて、火のまわりに置く。」P.17

その他のコメント

農場を渡り歩くジョージとレニー。最後の悲劇は当然の成り行きのようになってしまった。これを読んでいて、何故かベケットのゴドーを待ちながら、を思い出した。行き詰まり、という言葉も。

障害があるからといってなんでもかんでも許すというわけではないけれど、むしろその考えは嫌いなんだけれど、何とかほかに方法はなかったのだろうか。
ジョージにとってレニーは夢であり希望であり友だった。
自身がやらなければ、他のやつらにやられる。それならせめて、自身が...。という愛があっての話だけれど、とても悲痛な話だった。
夢や希望そして友を失ったジョージの今後は絶望しか残っていないのかな。

読者

Icon user placeholder988dedd6 ac3d 4f89 b0a6 a6358c72cf2e1f3694f4 7156 497b 97c1 340bc9ac323fIcon user placeholderFdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f8ed00cd6 325a 4425 b209 36f4d8089ff1Da57d487 f041 4c5f 9ab5 8d767f9242edD58a0b0d e5d7 4b5f 843e 259541388591 15人

ジョン・スタインベックの本

怒りの葡萄(上)

怒りの葡萄(上)

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

ラップの様なリズム。 力強く面白い。 頑張れトム・ジョード‼️ 明日、下巻を買いに行きます

3年前

82d1f0fb 6ca4 431a 98f6 83f3fa6a2661D5d2be79 d41c 4204 b8b1 9fec9189847f2065557d f888 4ec7 91db 907f0a7120cd