31zfifoqill

親愛なるどうぶつたちへ。きみたちみんなをぼくの家に招待します。……でも、誰も来なくてもだいじょうぶです。ある日、自分のハリが大嫌いで、つきあいの苦手なハリ... 続き

コメント

ハリネズミはいろんな訪問客のことを想像する..
孤独について、友だちについて。あたたかい本。

臆病で気難しいハリネズミ

孤独という嵐は必ず去るものだから、頭を低くしてやり過ごしてほしい

そうすれば、自分の臆病さは他人への繊細さに変わり
気難しさは思いやりに変わる

きっと自分のハリの魅力にも気付けるよ

読んでいるとハリネズミの消極的な考えが自分の心と重なってとても辛かった。リスがやってきてくれて安心した。またゆっくり読みたい。

あら可愛い、とジャケ買い。一章ずつが週めくりカレンダーだったとあとがきで読んで納得の作り。一気に読むより毎日少しずつ読んでハリネズミの孤独さとともに過ごすのが良いかも。行動に起こす前に頭の中であれこれ考えて悪い方に考えちゃうとこなんか、わかるわかるって共感。

ハリネズミの妄想の文章は、まるで可愛いアニメーション映像を観ているような気持ちにさせられます。孤独は悪いことでも寂しいことでもなく、実は自分ときちんと向き合うためにとっても大切なことなのだと気づかせてくれました。本当に自分が求めていることは何なのか、周りに振り回されたり惑わされたりすることなく、一人できちんと結論が出るまでしっかり考え抜くこと。それが出来たからこそ、見つかった幸せ。ひとり時間の大切さを改めて実感します。夜、紅茶を飲みながら、少しずつ読み進めたい、哲学的であり、詩的である本でした。

誰かに会いたいんだけど、会いたくない。誰かと一緒にいたいんだけど、1人でいたい。
子供の頃は家族と暮らしていて、寂しいという感情をよく掴みきれていなかったように思う。
大人になり、1人で暮らしているとやっぱり寂しさを感じる時はあるし、誰かと一緒にいたいと思う。
でも、全てが自分の思うように楽しくなるわけでもない…と思ってしまうこともある。
行動する事は大切で、行動するのにもきっかけが必要。きっかけは周りの人たちの親切で与えられるものでもある。
そんな嬉しい経験を積み重ねていけば、ハリネズミの願いもきっと叶うのではないか。
ハリネズミ、応援しているよ。

ハリネズミの想像は、ネガティヴすぎるんじゃないかと。心配になります。ハリネズミくんにも良いところあるよ!誰の心でも感じたことのある劣等感と孤独感。臆病なこじらせハリネズミです。

読者

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae4535ab95e8b 7771 43d1 aaef 02b5193523b1D9297e0c 3bb3 4800 8622 daacb2396581488fe7a1 db79 45e8 a3e1 c730a3f41e91018019b7 c2cb 4729 91bf a3c53d4f587a0f7d0c82 0e78 4136 b9a0 a4f20331186bDaf6073a 6c66 4126 bc03 676433aab31979651acf 4aa2 427c af16 61cd849368c8 37人

文芸

戦争の法

戦争の法

Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535

まさと

ちょこちょこと読む

佐藤亜紀には戦地体験があるのだろうか、少年だったことがあるのだろうか。多分ない。なのになんなんだこのリアルは。この小説には戦地体験のない読者にこれはリアルだと思わせる力がある。

約15時間前

風は西から

風は西から

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a

岸本ミリ

好きなものは桃とクリームソーダで…

テレビで過労死、過労自死のニュースが流れれば、またか… と悲しくなる。現実はこの本の中よりもっと酷いものかもしれない、判断を誤れば真実は捻じ曲げられたまま、無かったことにされてしまう。ひとりでも多く、この本を読んで欲しいと思った。そして、ひとりでも多く、会社に、誰かに、人生を奪われるなんてことさせちゃいけないと思った。甘いと言われようが何だろうが、まだ20代半ばの、今を生きる私の気持ちです。

1日前

アックスマンのジャズ

アックスマンのジャズ

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

禁酒法の発行間近の1919年4月。 暴力や人種間の争いが蔓延するニューオリンズの街に、斧を持った殺人鬼アックスマンが現れ、「ジャズを聴いていない者を殺す」という予告を新聞社に送りつけ、住民たちを恐怖に陥れる。 ホラー映画のあらすじではない、なんとこれ、実在の事件だと言う。 この事件を題材に作者は魅力的なキャラクターを創造。 黒人女性との結婚をひた隠して生きる刑事、その師匠でマフィアに通じて刑事の職を失った男、探偵志望の混血の若い娘、それぞれが独自の方向から犯人を追い詰める。 これにルイ・アームストロングを思わせるルイス・アームストロングというコルネット吹きが幼馴染アイダの協力者として登場し、ストーリーの合間に魅力的な演奏を繰り広げる。 盛りだくさんの要素を盛り込んで、混乱するかと思いきやストーリーはスマートに大胆に進行し、読み易い。 ただし異なる人種が入り乱れ無法地帯と課すニューオリンズの街は活気と猥雑さに満ちて、まさにジャズそのもの。 この街こそがこの作品の主人公なのかもしれない。 英国推理作家協会の最優秀新人賞受賞作。

1日前

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c65234f26 1acf 4b48 8b60 ae7c34f62192D3e796ab 5978 434a b358 9cc624e8a9f7