31zfifoqill

親愛なるどうぶつたちへ。きみたちみんなをぼくの家に招待します。……でも、誰も来なくてもだいじょうぶです。ある日、自分のハリが大嫌いで、つきあいの苦手なハリ... 続き

コメント

ハリネズミはいろんな訪問客のことを想像する..
孤独について、友だちについて。あたたかい本。

臆病で気難しいハリネズミ

孤独という嵐は必ず去るものだから、頭を低くしてやり過ごしてほしい

そうすれば、自分の臆病さは他人への繊細さに変わり
気難しさは思いやりに変わる

きっと自分のハリの魅力にも気付けるよ

読んでいるとハリネズミの消極的な考えが自分の心と重なってとても辛かった。リスがやってきてくれて安心した。またゆっくり読みたい。

あら可愛い、とジャケ買い。一章ずつが週めくりカレンダーだったとあとがきで読んで納得の作り。一気に読むより毎日少しずつ読んでハリネズミの孤独さとともに過ごすのが良いかも。行動に起こす前に頭の中であれこれ考えて悪い方に考えちゃうとこなんか、わかるわかるって共感。

ハリネズミの妄想の文章は、まるで可愛いアニメーション映像を観ているような気持ちにさせられます。孤独は悪いことでも寂しいことでもなく、実は自分ときちんと向き合うためにとっても大切なことなのだと気づかせてくれました。本当に自分が求めていることは何なのか、周りに振り回されたり惑わされたりすることなく、一人できちんと結論が出るまでしっかり考え抜くこと。それが出来たからこそ、見つかった幸せ。ひとり時間の大切さを改めて実感します。夜、紅茶を飲みながら、少しずつ読み進めたい、哲学的であり、詩的である本でした。

誰かに会いたいんだけど、会いたくない。誰かと一緒にいたいんだけど、1人でいたい。
子供の頃は家族と暮らしていて、寂しいという感情をよく掴みきれていなかったように思う。
大人になり、1人で暮らしているとやっぱり寂しさを感じる時はあるし、誰かと一緒にいたいと思う。
でも、全てが自分の思うように楽しくなるわけでもない…と思ってしまうこともある。
行動する事は大切で、行動するのにもきっかけが必要。きっかけは周りの人たちの親切で与えられるものでもある。
そんな嬉しい経験を積み重ねていけば、ハリネズミの願いもきっと叶うのではないか。
ハリネズミ、応援しているよ。

同じ展開の繰り返しに最後の方は飽きちゃった。
けど、行動することの難しさ、行動しちゃえば案外上手くいくこともあるよ、ていうのがわかる。

ハリネズミの想像は、ネガティヴすぎるんじゃないかと。心配になります。ハリネズミくんにも良いところあるよ!誰の心でも感じたことのある劣等感と孤独感。臆病なこじらせハリネズミです。

読者

Icon user placeholderF0214d3d 02b4 424e 90aa 3ec43305683a488fe7a1 db79 45e8 a3e1 c730a3f41e91F8976c5d 5bc3 4e1c b49b 7218e12411f6Icon user placeholderIcon user placeholderB50ad172 8f40 461e a798 4732792577e892921a81 2531 4064 a689 cc6d1319fd9c 61人

文芸

ダ・ヴィンチ・コード〈下〉

ダ・ヴィンチ・コード〈下〉

4e1499ca 9700 4bbc 85c7 07c4ab6cbd4f

chat0604

ミステリーが特に大好きです

初めて読んだダン・ブラウンの作品。ありきたりな言い方しか出来ず不甲斐ないですが、めちゃくちゃ面白かった!です。上巻からぶっ通しで、久しぶりに徹夜で読んだ本です。止まらなくなるので連休に読んだ方が良いですよ。

約12時間前

0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee2f8adfe8 5ccc 42cd af96 db7c71bb3d45F87cced7 3b24 400e 9d4e d0d0be9c1730 11
パズル・パレス 下

パズル・パレス 下

4e1499ca 9700 4bbc 85c7 07c4ab6cbd4f

chat0604

ミステリーが特に大好きです

すっごい面白かった…。ダン・ブラウンは「ダ・ヴィンチ・コード」から読み始めほぼ読破しましたが、個人的にはこの「パズル・パレス」はトップ3に入ります。答えが分かった瞬間、鳥肌が立ち「えっ!!」と声が出ました。自宅で読まれる事をオススメします。

約12時間前

Icon user placeholder4ca4ec68 d5a1 41f9 b014 2153953b8009C9584f8f 2258 4507 a920 cb169b4ce715
偽りの書簡

偽りの書簡

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

1952年、フランコ独裁政権時代のバルセロナを舞台にしたミステリ。 主人公は女性記者アナ、そしてその彼女のはとこで文献学者のベアトリズ。 アナは男性記者の急病で社交界で有名な女性の殺人事件の担当に抜擢されるが、いわゆる御用記者であるから当然警察の意向に沿った検閲済の記事しか書けない。 ベアトリズは過去の政治的な言動を問題視され研究者としての道を絶たれ、現在は大切な書物を売って生活費の足しにしている。 男女差別や思想統制で不遇な境遇にある年齢も性格も違う2人の女性が、殺人事件をきっかけに、ともに才能や得意技を活かして闇に葬られようとしていた事件を解決していく。 社交界に詳しく頭の回転の早いアナの活躍はもちろん、ベアトリズが文献研究の知識と経験を活かして手紙の書き手の正体や動機に迫っていく独自のアプローチは、学術的である一方、蘊蓄に史料オタクの喜びが溢れ絶妙に面白い。

1日前