51hqi5ozjwl

発行元から

8番目の物語。19年後。 『ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年が経ち、父親となったハリーが2人目の子どもをホグワーツ魔法学校へと送り出したその後の物語です。ハリー・ポッターとして生きるのはもちろんたいへんなことだったのですが、その後のハリーも決して楽ではありません。今やハリーは、夫として、また3人の子を持つ父親として、魔法省の激務に押しつぶされそうな日々をすごしています。ハリーがすでにけりをつけたはずの過去と取り組まなければならない一方、次男のアルバスは、望んでもいない"ハリー 一家の伝説"という重圧と戦わなければなりません。過去と現実は不吉にからみあい、父も子も痛い真実を知ることになります。

J.K.ローリングの本

カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 I・II

カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 I・II

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b

Yusuke Kondo

よく笑いよく読む 1冊1冊を丁寧…

Ⅰ 人は醜い。どこまでいっても醜い。 綺麗に見せかけているだけで誰も清い人などいない。 それでも人と人が交差する瞬間を眺めていると自然にそんなことを感じなくなってくる。 静電気のように見えているようで本当はそこにないみたいに。 描写がとても細かいから想像を掻き立てられる文章です。

1年前