51hqi5ozjwl

8番目の物語。19年後。 『ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年が経ち、父親となったハリーが2人目の子どもをホグワーツ魔法学校へと送り出したその... 続き

コメント

読めば読むほどハマっていって止まらなくなる感じがハリー・ポッターシリーズならでは。親子の話も友情の話も人情味に溢れていて心掴まれた。

その他のコメント

ポッタリアンにはたまらない作品だった…j.kローリングは本当に凄い…伝説のハリーポッターの子供のお話。やはり有名人の子供も大変なんだなあと。個人的にはファンタビより全然好きです…是非映画化してほしい…

親と子供は違う
違いを認め合って、親同士も認め合って
つまりは素晴らしすぎて天を仰いだ

読者

Icon user placeholder4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909Cd48c27a 2335 4805 af8f 8b69bd42dee9B36099dd 2b9e 46b5 8b12 2a8715bcd03cEa013b2b ab1a 4de2 be5e 2a383cc1df65A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fE626004d fcc5 4b4d 90fa 49301e83ec56Ae59d293 b9be 4dda 8237 87d5a9e26419 57人

J.K.ローリングの本

カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 I・II

カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 I・II

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b

Yusuke Kondo

よく笑いよく読む 1冊1冊を丁寧…

Ⅰ 人は醜い。どこまでいっても醜い。 綺麗に見せかけているだけで誰も清い人などいない。 それでも人と人が交差する瞬間を眺めていると自然にそんなことを感じなくなってくる。 静電気のように見えているようで本当はそこにないみたいに。 描写がとても細かいから想像を掻き立てられる文章です。

3か月前

とても良い人生のために 失敗の思いがけない恩恵と想像力の大切さ

とても良い人生のために 失敗の思いがけない恩恵と想像力の大切さ

Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a

mame3

Books

「ハリー・ポッター」シリーズの作者J.K.ローリングがハーバード大学の卒業式で行ったスピーチの日本語訳です。イラストがいっぱいなので、絵本感覚で読むことができます。 失敗を受け入れる方法、想像力がもたらす効果など、自らの具体例を挙げながら語っています。 アムネスティ・インターナショナルで出会った人々の話は特に強烈。人間は一人で生きているわけじゃない。何かで、どこかで、誰かと繋がっているんだなと強く感じました。 説教くさくなくて、ユーモアもたっぷりです。

7か月前

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac54a51465 14d6 42c0 a5f8 f0d9cde19a7e 15