51hqi5ozjwl

8番目の物語。19年後。 『ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年が経ち、父親となったハリーが2人目の子どもをホグワーツ魔法学校へと送り出したその... 続き

コメント

読めば読むほどハマっていって止まらなくなる感じがハリー・ポッターシリーズならでは。親子の話も友情の話も人情味に溢れていて心掴まれた。

その他のコメント

ポッタリアンにはたまらない作品だった…j.kローリングは本当に凄い…伝説のハリーポッターの子供のお話。やはり有名人の子供も大変なんだなあと。個人的にはファンタビより全然好きです…是非映画化してほしい…

親と子供は違う
違いを認め合って、親同士も認め合って
つまりは素晴らしすぎて天を仰いだ

読者

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f271304f9 b552 42b3 8622 c7423f12a715021c92f0 5cbe 4251 9ed7 e6ea9a2028c0C82ef0d1 397a 4035 bf94 76e77d8afd0976bcd2a4 a2b4 489e bd45 1cef790d845fIcon user placeholder4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909Cd48c27a 2335 4805 af8f 8b69bd42dee9 62人

J.K.ローリングの本

カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 I・II

カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 I・II

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b

Yusuke Kondo

よく笑いよく読む 1冊1冊を丁寧…

Ⅰ 人は醜い。どこまでいっても醜い。 綺麗に見せかけているだけで誰も清い人などいない。 それでも人と人が交差する瞬間を眺めていると自然にそんなことを感じなくなってくる。 静電気のように見えているようで本当はそこにないみたいに。 描写がとても細かいから想像を掻き立てられる文章です。

7か月前