51hqi5ozjwl

8番目の物語。19年後。 『ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年が経ち、父親となったハリーが2人目の子どもをホグワーツ魔法学校へと送り出したその... 続き

コメント

これをハリーポッターの「正史」、即ちハリーポッターシリーズの正統後継と認めるかどうかでポッタリアンの間で意見が分かれているのは知っていたのですが、成る程。
恥ずかしながら本を開くまで小説だと思っていたのですが脚本形式なんですね。
ローリング女史が描く「親子」にはいつもハッとさせられます。

その他のコメント

ポッタリアンにはたまらない作品だった…j.kローリングは本当に凄い…伝説のハリーポッターの子供のお話。やはり有名人の子供も大変なんだなあと。個人的にはファンタビより全然好きです…是非映画化してほしい…

親と子供は違う
違いを認め合って、親同士も認め合って
つまりは素晴らしすぎて天を仰いだ

読者

91a07300 faf4 4b74 b5a5 24daa4519575A8e8874a 488a 4dc3 b8cc 892a116e533f0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008b63a89a5e e95e 43cb 8bac a6b6f0e9a7702d143670 80a1 4865 95d9 4623a47dbbf5A9ebcb54 57d6 4ac5 8066 1cddacc2e9c4743b9593 b409 4abe b6c1 e420eae4686dFff93dc7 343b 4d97 903d 5848a1b68e94 70人

J.K.ローリングの本

カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 I・II

カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 I・II

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b

Yusuke Kondo

よく笑いよく読む 1冊1冊を丁寧…

Ⅰ 人は醜い。どこまでいっても醜い。 綺麗に見せかけているだけで誰も清い人などいない。 それでも人と人が交差する瞬間を眺めていると自然にそんなことを感じなくなってくる。 静電気のように見えているようで本当はそこにないみたいに。 描写がとても細かいから想像を掻き立てられる文章です。

1年前