419eso7xtgl

ホグワーツ魔法魔術学校2年生の新学期を待ちわびるハリーのもとに、ある夜おかしな妖精が現れて言った。「ハリー・ポッターはホグワーツに戻ってはなりません」。な... 続き

コメント

ここでも車飛ばしてみたいです!

読者

A2d81435 82ae 494a b8ee 0f3f22000fedEecf5624 b3d8 4659 9e1b 158340ab0672

J.K.ローリングの本

カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 I・II

カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 I・II

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b

Yusuke Kondo

よく笑いよく読む 1冊1冊を丁寧…

Ⅰ 人は醜い。どこまでいっても醜い。 綺麗に見せかけているだけで誰も清い人などいない。 それでも人と人が交差する瞬間を眺めていると自然にそんなことを感じなくなってくる。 静電気のように見えているようで本当はそこにないみたいに。 描写がとても細かいから想像を掻き立てられる文章です。

8か月前

とても良い人生のために 失敗の思いがけない恩恵と想像力の大切さ

とても良い人生のために 失敗の思いがけない恩恵と想像力の大切さ

Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a

mame3

Books

「ハリー・ポッター」シリーズの作者J.K.ローリングがハーバード大学の卒業式で行ったスピーチの日本語訳です。イラストがいっぱいなので、絵本感覚で読むことができます。 失敗を受け入れる方法、想像力がもたらす効果など、自らの具体例を挙げながら語っています。 アムネスティ・インターナショナルで出会った人々の話は特に強烈。人間は一人で生きているわけじゃない。何かで、どこかで、誰かと繋がっているんだなと強く感じました。 説教くさくなくて、ユーモアもたっぷりです。

11か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderC73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b 17