Btn appstore Btn googleplay
51hdeseg7fl

意地悪な親せきの家の物置部屋に住む、やせた男の子、ハリー・ポッター。おじとおば、いとこにいじめられ、誕生日なんて今までも、これからも、誰にも祝ってもらえな... 続き

コメント

私はハリーポッターみたいに魔法使いたいです

読者

Icon user placeholderEb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053C48c630d ae11 469b ab7e c5ba8756836dEecf5624 b3d8 4659 9e1b 158340ab0672 4人

J.K.ローリングの本

カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 I・II

カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 I・II

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b

Yusuke Kondo

よく笑いよく読む 1冊1冊を丁寧…

Ⅰ 人は醜い。どこまでいっても醜い。 綺麗に見せかけているだけで誰も清い人などいない。 それでも人と人が交差する瞬間を眺めていると自然にそんなことを感じなくなってくる。 静電気のように見えているようで本当はそこにないみたいに。 描写がとても細かいから想像を掻き立てられる文章です。

約2年前