61dlkexba l

65歳の定年退職者ハロルド・フライは、癌で死にゆく友人に、ただお見舞いとありがとうを伝えるために1000キロの道を手ぶらで歩き始めた。本当は手紙を出すつも... 続き

コメント

主人公はビール会社を定年退職した65歳の男。人付き合いも殆どせず家庭でも妻子と上手くいっていない。そんな彼の元に昔の同僚女性から「ガンで死にかけている」という葉書が届く。
返事を出そうと近所のポストまで行こうとした主人公はとあるきっかけで彼女の見舞いに歩いて行こうと決意する。言いそびれた「ありがとう」を一言いうために。
問題はこれがイングランドの南端から北端までというところ。
旅の途中で出会う人達との話、内心の葛藤、ときどき過る記憶から、どんどん物語の背景が語られていく形式。
とても哀しい話なんだけども一気に読んでしまいました。良かった。

思いもよらず、ただ少し理解出来る形で、ハロルドの旅が始まった。旅にあって、まるで研がれるように変わっていくハロルドとその周辺。そして明らかになる本当のこと。作品そのものもまるで巡礼のように壮大。パラレルストーリーも読まずにはおれない。

読者

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

文芸

特捜部Q ―カルテ番号64―

特捜部Q ―カルテ番号64―

F278bd7d d688 4054 8301 14d6a8fe87d8

euro

大好き!読むべき!というコメを見…

★5 デンマークの古い未解決事件を捜査するシリーズ4作目。今作は80年代の失踪事件をきっかけに、およそ50年に及ぶ恐ろしい人権侵害が明らかになる。望ましくない妊婦たちに対する、強制的な堕胎と不妊手術。 シリーズを通して、主人公自身の未解決事件や家庭の問題がゆっくり進展していくのがもどかしい。まだまだ目が離せない。

約8時間前

鳥人計画

鳥人計画

F2d341c8 ceaf 4d12 a916 0c561a19ef78

taboke

5678

日本ジャンプ界期待のホープが殺された。ほどなく犯人はコーチと判明。一体、彼がどうして。一見、単純に見えた殺人事件の背後に隠された驚くべき「計画」-踏切のタイミング、空中姿勢、風圧、筋力、あらゆる要素を極限まであの男のデータに近づけよ。「計画」は極秘のうちに進行しつつあった…。拘留中の犯人が密告者を推理する、緻密極まる構成の本格スポーツ・ミステリー。

約9時間前

7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d27bf5885 8aa4 43d9 b152 506c814daece640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff 8