51pea4kfsyl

星野一彦の最後の願いは何者かに"あのバス"で連れていかれる前に、五人の恋人たちに別れを告げること。そんな彼の見張り役は「常識」「愛想」「悩み」「色気」「上... 続き

コメント

ドラマ化されると聞いて読んだ。
星野は高良健吾で脳内再生されたけど、繭美がどうしても安藤なつだった。
全編 それで ってところで終わるので、何だか舞台を観てるみたいだった。
伊坂作品はあまり読んだことがなかったので読後すぐは戸惑ったけど、インタビュー読んだら納得しました。
自由に読みます。

その他のコメント

悩みや悲しみを全部つめこんで行くよ。僕を待ってくれているところへ。ここの誰も愛してくれないし、わかってもくれない。君と別れてこれからは幸せになりますよ。バイバイ、ブラックバード。タイトル好き

読者

Icon user placeholderIcon user placeholder036d9322 352e 466b a569 2fc52ab8f77dE279d0ac acf1 4dbb b00d 64551f25784f3461f976 7283 4644 a020 6250675cff38Icon user placeholder0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cAc175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1e 39人

伊坂幸太郎の本

アイネクライネナハトムジーク

アイネクライネナハトムジーク

670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb858

ぴあーす

2017年以降に読んだ本をストッ…

相関と音楽と信念。安定の伊坂幸太郎ワールド。 くさくても気持ちよく読める。 ベタでも飽きずに読める。 ふとしたセリフ回しににやにやする。

20日前

A5842465 cd81 4d78 acd9 29b6e11548d3Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b709333d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902 71
キャプテンサンダーボルト 下

キャプテンサンダーボルト 下

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2018/04/22 読了 読書家の友人の評価は高くなかったが、伊坂初心者のボクには楽しく読めた。上巻からまさにノンストップ。ラストシーン、ちょっと疑問が残るが、何か読み落としてるのかな? 本を紹介してくれた友人にも感謝。

約1か月前

7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d07f27549 2608 4ee9 bb08 1fd4e79627a33461f976 7283 4644 a020 6250675cff38 10
火星に住むつもりかい?

火星に住むつもりかい?

2293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d

aaooaui

読んだなら、書こう、なるべくなら…

「善良」な市民が有名、無名で叫び、告発する「偽善」と「悪」。それらは現実、テレビやネットといったメディアで私に見慣れた風景であり、改めて物語として読むと本当にムナクソワルイに尽きるのだが、だが、あえて伊坂幸太郎はそこにこだわる。こだわり、描き、問うている。自分に、読者に。 物語は終わるが、晴れやかな気分になりはしない。小説は現実を超えもするが、現実もまた小説を超えてゆく。暗たんたる気分になりもするが、それだけに終わらない光もまた残される。あとは、自分だ。ヒーローはいない。読了後、タイトルにうなずく。

約1か月前

Icon user placeholderD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cIcon user placeholder 18
クリスマスを探偵と

クリスマスを探偵と

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

真実は1つなのに 真実を知らなければいろんなこじつけというか解釈の仕方で 物事が違って見えたりすることはあって そこから誤解や勘違いが生まれるんだなぁと思う

3か月前

Icon user placeholder8f363b4b ed46 40b5 abf7 b1c3dfa85573B113b887 12f3 4ace a8af 315dfc23ecd1