51pea4kfsyl

星野一彦の最後の願いは何者かに"あのバス"で連れていかれる前に、五人の恋人たちに別れを告げること。そんな彼の見張り役は「常識」「愛想」「悩み」「色気」「上... 続き

コメント

0023
ドラマ化されると聞いて読んだ。
星野は高良健吾で脳内再生されたけど、繭美がどうしても安藤なつだった。
全編 それで ってところで終わるので、何だか舞台を観てるみたいだった。
伊坂作品はあまり読んだことがなかったので読後すぐは戸惑ったけど、インタビュー読んだら納得しました。
自由に読みます。

その他のコメント

悩みや悲しみを全部つめこんで行くよ。僕を待ってくれているところへ。ここの誰も愛してくれないし、わかってもくれない。君と別れてこれからは幸せになりますよ。バイバイ、ブラックバード。タイトル好き

読者

Icon user placeholder6b59208a 65bd 4df9 9c71 e760fae7dad7Icon user placeholder243c4d95 2c31 41f3 812d 2ee3122abdc5Dc2f99c9 5693 4b4f 9075 dc8ca5b434a0Icon user placeholder242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa78a45888 7582 4a41 bb42 b6ae08bbaf5a 53人

伊坂幸太郎の本

首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

最後に向かって、 バラバラだったものが収束するような物語ではないけれど、 1つ1つがしっかりおもしろい連作短編集でした。 途中、あまりのストーリーの完成度に脳みそがじんわぁ〜ってなりました。 めっちゃいい映画観たときみたいな。 無理矢理というか、 こじつけというか、 一見そんな風にも見えるんだけど、 全然そう感じさせないのが伊坂さんの文章力。 登場人物たちのセリフの書き方が映像的でいいなぁ。 「時空のねじれって、あると思うか?」

23日前

515dcb8d e1c4 473b 8bf8 39a13de6d5492263f4a2 791b 4ffe b8fe 94d359b929a9014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 17
陽気なギャングは三つ数えろ

陽気なギャングは三つ数えろ

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2018/09/20 読了 ふと立ち寄った書店で発見。シリーズ化してるのかと思いきや、9年ぶりだとか。伏線&回収は健在。思わず、「そっちか〜」とつぶやいてしまった。久遠と対等に話が出来る人物の出現に驚いた。

約2か月前

9e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b7594530659511d 82e8 4f56 acd4 ef5ec623367f220a7e95 44c7 44fc 9032 000aa8722ef4 16