51pea4kfsyl

星野一彦の最後の願いは何者かに"あのバス"で連れていかれる前に、五人の恋人たちに別れを告げること。そんな彼の見張り役は「常識」「愛想」「悩み」「色気」「上... 続き

コメント

ドラマ化されると聞いて読んだ。
星野は高良健吾で脳内再生されたけど、繭美がどうしても安藤なつだった。
全編 それで ってところで終わるので、何だか舞台を観てるみたいだった。
伊坂作品はあまり読んだことがなかったので読後すぐは戸惑ったけど、インタビュー読んだら納得しました。
自由に読みます。

その他のコメント

悩みや悲しみを全部つめこんで行くよ。僕を待ってくれているところへ。ここの誰も愛してくれないし、わかってもくれない。君と別れてこれからは幸せになりますよ。バイバイ、ブラックバード。タイトル好き

読者

78a45888 7582 4a41 bb42 b6ae08bbaf5a9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d80f1383f 404a 45d5 8129 06db20ac07e2Icon user placeholderB0b21dcc eca0 4ecd 901b 6b1274a2d9aa2a7011ad 1023 4a28 9610 18ac8022a01d2dd1c56d 7ecf 47e0 b914 246c66ac67112b737a21 ce60 4c95 814e f0da83a6bc75 47人

伊坂幸太郎の本