51nbcio0syl

コメント

アフリカ・モーリタニアでバッタ被害を食い止めるための非常に尊い研究に従事されている方の、夢と就職難と砂漠とバッタへの愛憎入り乱れる、とても楽しいエッセイです。

終始笑いっぱなしでしたが、同世代の方がここまで夢に正面からぶつかっている姿をみて熱いものを感じました。

その他のコメント

「神の罰」と怖れられるバッタを心から愛し、謎を解明し、そして倒すためにアフリカに行ったバッタ博士の研究の日々を綴った本なのですが、ちょっとまえがきを読んだだけで大笑い。目次を見て笑いが止まらなくなりました。
無一文の危機に陥った際に、京大の総長からかけられた労いの言葉には、こちらも涙。
モーリタニアのババ所長ががホントにステキ。困難な状況に陥っても、対象を好きでいられるかどうかが、研究者としての分かれ道なのかもしれません。
恥ずかしがらずに夢を語るのは夢を叶える第一歩なのだと感じました。

何が何でも研究がしたいという想いだけで生きている印象。でも現代において、それがすごく大切な生き方だと切に思う。いいなあ、自分もやりたいなあ、でもお金ないから、時間がないから、家族がいるから…そんな無数の言い訳だらけの人生を歩んでいる人が山のようにいて、本当はやりたいことがあるけど出来ないのは自分のせいではないと言う。でもそれって違うよね。本気の夢を本気で掴むってこういうことっていうのが、この本には書かれている。

読者

Icon user placeholder20f33cc7 eead 48cb 8ffa f404490e5c2337fbd299 3c32 4329 ac74 56df19e6d4fe1683d5b1 7d4d 4689 a7cc c83ec99cde495aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beIcon user placeholder4e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1ccIcon user placeholder 115人

前野ウルド浩太郎の本

バッタを倒しにアフリカへ

バッタを倒しにアフリカへ

Da7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa92

Ritsuko

本の街 神保町で働いています。

虫好きなので、「バッタ研究のフィールドワークのお話なのね」と気楽に手を取ったこの本。そんなもんじゃなかった!! 誰もやってなかった研究のゼロからの立ち上げとお約束のトラブル、モーリタニアの人たちとの協働、野外調査でのヤギの調理、研究を続けるための費用捻出… そう、この1冊で、サイエンス、グローバルコミュニケーション、アウトドアライフ、就活、夢の叶え方、落ち込んだときの対処法…などなど何冊分もの知がつまってます。 しかも、小説のように読みやすい文体。いや、テレビのイッテQを観てるような軽いノリ。天才か! 前野さん。売れてるわけだ。 すべての方々にオススメです、元気でます。

12か月前

Feac6d20 77aa 4605 80fc 5e370d5a8549014253d4 6080 4951 9119 24735184a696C1d67d44 389e 4f67 845c 3481cb6c8677