51mpar8xytl

「そうだ、本気になれよ。本気で向かってこい。-関係ないこと全部捨てて、おれの球だけを見ろよ」中学入学を目前に控えた春休み、岡山県境の地方都市、新田に引っ越... 続き

コメント

気になっていたけど躊躇してて。文庫になった機会に読んだ本。
児童書なんですが、すれたオヤジでも読める(笑)、葛藤あり、信頼があり、別れがある、野球したいなぁってちょっと思った。

DVDで見たけど読んでみた。
野球はいいよね。
でも、こんな子いるかな?

いつか読みなおしたい。巧かっこいい、

高校青春真っ只中に読んだ本。
本気だからこそそんな考えになるよね。
という青春ど真ん中。

キラッキラな青春小説。きらきら

読者

B02f0712 22c7 4836 acc4 b1ab8f55428bE749421d ae14 439a b62a 1f895b073eabIcon user placeholderB4afb615 d2df 4e2e 8c2a e5af57153fbeIcon user placeholderD7c409ad 5ff9 41cf b676 cd078bffdbc4F1102485 2d7b 4edc b4e8 e8b7f69c48d9Icon user placeholder 23人

あさのあつこの本

にゃん! 鈴江藩江戸屋敷見聞帳

にゃん! 鈴江藩江戸屋敷見聞帳

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

何とも軽くて薄くて、あさのあつこ先生だよな?と再度確認。話は其々のギャグの応酬でじれったいけれど、単純なので思惑どうりに進んでいく。 エンターテイメントというより寄席の感じですかね?

8か月前

雲の果

雲の果

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

鬼(木暮信次郎)の地獄の淵を覗いて見たくなる清之介の心中。鬼と隠れ修羅(遠野屋清之介)の共喰いの見届け役になるだろう親分の心中。二人の葛藤が複雑である。 事件に関わる登場人物達の心の声が、事件の謎を引き寄せてくる。その中心で薄笑いを浮かべているのが、木暮信次郎だ。この男を理解することは出来ないのだろうか、作者でさえも。。。 木暮の推理は、細かい。些細な不合理に正確な理由を見つけてゆく。真実の為には容赦はなく、正義もない。 事件の解決よりも、3人の心情の方が強く描かれている。なんなら、事件は「チョットした面白い事」って感じる程に。。。イヤイヤ、これは既に木暮の術中にはまっているのか?! シリーズ8作目

8か月前

B893b65e a6fc 467c b489 37f8d4957c4d765743c3 b49f 44c0 a2dc 9a76d75535de