51vcmgspdml

コメント

辻村深月さんの作品は読んだ事がなく、この短編を読んでみたのですが、どんどん吸い込まれてあっという間に読み切ってしまいました。
こんな展開になると思わなくて、この主人公になった気分です。
私も自分の発言には気を付けようと思いました。

言葉は時には温かい毛布のように包み込み、時には鋭いナイフで刺したように人を傷つける。
自分の言葉に責任を持たないとと思った。

何気ない一言でも言われた方は傷付くこともあるし、ずっと忘れられず覚えているもの。
一言一言に注意しなければいけないなと感じる。

言ったとか言わないとか、知ってるとか知らないとかの中でわたし達っているよね

読者

4bc07991 7b8f 4559 b7ae 589ef3a19d26Icon user placeholderIcon user placeholder9e955c29 01eb 4d85 a24d 6685ef136d260d7a8e2c e124 4267 88b7 b8d8d918e9c66afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373396cd227dc 4993 4c94 90fd 1e6b820d9745E9d81ec0 077a 4870 a83b 5c2ce825d837 19人

辻村深月の本

噛みあわない会話と、ある過去について

噛みあわない会話と、ある過去について

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25

おかめ麦酒

本とお酒と映画が好きです。

恐ろしいものを読んでしまった。 装丁の美しさ(書店でひとめぼれ)とは対照的にひたすらエグい。 凄い面白かった!!!これは!! 同じ時を過ごしたのに蘇る記憶は全くの別物、 自分を正当化するために記憶なんて簡単に変わってしまう。 自分の甘美な記憶は誰かの嫌な記憶なのかもしれない。またその逆もしかりで、自分にとって思い出したくもない記憶が誰かの中では今も輝かしくその人を肯定する記憶なのかもしれない。超怖い。 過去への復讐でもあり、これを読んでスカっとするかゾッとするかはその人次第なんだと思う。 またタイトルが秀逸。 「噛みあわない会話と、ある過去について」。短編集なんだけど、全てがこのタイトルにリンクしている。 「パっとしない子」と「早穂とゆかり」が特にぞわっとする。でもちょっとわかる、わかってしまう。こういうの読んでると、ずっと光のあたる所で生きてきた人は無意識に人のこと傷つけてること気づかないし、これからも気づけない。否定するわけじゃなくて、「気づけない。」だからこそその人たちに静かな復讐をするところではぞわぞわする。し、私は少し胸のすく思いがしたのも事実だ。

11日前

3524b838 24b3 4f4d abaf e21b9fdcda830d7a8e2c e124 4267 88b7 b8d8d918e9c6Icon user placeholder 8
青空と逃げる

青空と逃げる

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

窮地に陥った時、それも絶体絶命の時にどうするか。 逃げてというメッセージは多いがそれだけでよいのか? 辻村さんは躊躇なく助けを求めて!という。そしてできれば助けを求める時に、何かしら自分の得意技があれば理想で、なくてもできることをすれば世の中捨てたもんじゃないと。 助けるほうにも、相手が恐縮しすぎないように配慮できれば、いいなぁ。

3か月前

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a0d7a8e2c e124 4267 88b7 b8d8d918e9c652337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f
短編学校

短編学校

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2017/10/19 読了 少年・少女が大人になる瞬間を描いたアンソロジー。米澤穂信、本多孝好、関口尚、辻村深月、今野緒雪、それぞれ楽しませてもらった。それにしても、なんでこの短編集のタイトルが学校なんだ?

9か月前

7d63272d 4edb 4f5c b64c f54f6b57d0c4Icon user placeholderIcon user placeholder