41hkvky8lol

二八歳の「わたし」(田中真紀子)は、友人のイチローから誘われ、彼の家に間借りすることにした。その家は変な家で、コンクリート三階建て(本館)、黄色い木造二階... 続き

コメント

みんなきちんと辛い過去を持って、傷付きながら、疲れながら生きているのにどこか夢の中のようで読み心地が良くて、とにかくずっと読んでいたかった。私は東京で生活すること、について詳しくないけれど、主人公が屋上からパノラマ写真を撮ったあの景色は何だか少しだけ想像できて東京で暮らすのは案外良いのかもしれないなと思った。

その他のコメント

読者

D08c46be f694 44a1 8011 94d357c409b0538eee8c 0672 4b8f 85e7 c4c452d8850f417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c680e02f84 921f 4faa be0d 64c6a3f8a4535c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8aIcon user placeholderB81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4 23人

柴崎友香の本