51fantvr07l

コメント

“ミスばかりあげつらって人を評価するような、もののわかっていない連中が取り沙汰すればいい。たった一つの音、たった一つの素晴らしいフレーズに、私は感謝する事ができる。君もそうしなさい。”

読者

209a12d6 b6ad 45c2 9bff cf4311eb98757eea9519 6f57 41e9 a60b d25374c2ec9eE0e9bc31 8254 435d 820d dd59b2b3ffb64e3ae819 a6c6 4978 9759 fcf4035717d6Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25fA5b04a21 ff5a 40fe 85e7 ee3128b45cb09911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db20008634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 13人

文庫

すべて真夜中の恋人たち

すべて真夜中の恋人たち

2c5dfb8e fbd8 4eee bb68 12fdbde93acf

__ppp

読んだ本と好きなフレーズ

「なんで入江くんにこんな話できたのかっていうとね」と典子は言った。「それは、入江くんがもうわたしの人生の登場人物じゃないからなんだよ」

約10時間前

2c144179 394e 42df a05f 5d380807297c5e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f412c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f 151
友罪

友罪

1b1e7643 9ead 4435 8cd3 d4a66eba70d8

オサム

平成世代です。

この作品は、登場する主要キャラのほとんどが暗い過去を背負って生きています。かつての犯罪者とその友達だけの関係に触れているのではなく、様々な人の立場にたって物語が進んでいきます。最後の雑誌の寄稿の場面は、本当に大きな決断を下したと思いますし、何よりやるせない気分になります。社会の眼差しと個人的な感情の間に揺れる益田くんに、何か言葉をかけてあげたくなる作品でした。

約18時間前

Ee751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113fD185318e 50c9 4d7d 9f9d 97bc12d79a704ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8 24