51jzrnvtuyl

難民問題、テロ事件、差別の歴史…。世界は混沌としていて、人生はほろ苦い。だけどパリのおじさんは、今日も空を見上げる。軽くて、深くて、愛おしい、おじさんイン... 続き

コメント

おじさん好きを自称する金井さんとパリ在住の案内人広岡さんのパリ、おじさんを訪ねる旅。
一見軽い調子に見えるが、実際にはテロや移民問題で揺れるフランス、パリの現在が垣間見える貴重なレポートで、一人一人のおじさんとの触れ合いに「多様性」という言葉が何度も頭に浮かぶ。
みんな同じフランスという国に住んではいるけれど、人種も宗教も職業も年齢もばらばらなおじさんたち。
どの人にも語るに足る物語があり、どの人も自分らしく生きるという気概を持ち、どの人も人に優しくすることの大切さを知っている。
もちろん人選の妙はあるとは思うけれど、あとがきにあった案内人である広岡さんの
「この旅は、人間というもの、生きるということの破片を集める旅だった。」
という言葉が本書の本質を表しているような気がする。

その他のコメント

「おじさん眼」には自信があるという著者が、人種のるつぼのパリへ。競馬を楽しむおじさん、職人気質のおじさんなどなど、いろんなおじさんに出会って話を聞いていきます。パリの地下に潜るのを趣味としているおじさんは、とっても愛らしい。
でも、テロ事件はもちろん、難民問題、差別のことも避けずに耳を傾ける。ほんのちょっとしたことが生死を分けたとか、何十年も経った今でも後悔として残っているとか、ほろ苦い思い出もあって、おじさんたちの半生をもっと知りたくなりました。ただただ誠実に話を聞いて、それを綴ったんだなという印象です。
難民と移民の違いなど、日本に暮らしているとピンとこない話題は解説付き。
人はなぜ学ぶのか。博士になるためではなく、世界を理解するため、自分で考えるためだと語るおじさんは、毒ガスでフセインに村を破壊されたのだという。もう戦争はうんざりだと語る、穏やかな声まで聞こえてきそうです。

読者

Ad0646b7 a1a9 4ee0 a3d0 8b1ec36b4b468862d6e7 5bc4 4c8b 9136 208b24853c11103715ba 381f 43b4 a50b 69e3f739eb9f375047f0 3ed1 4470 b9b3 edcb7f51c4a0A04f9974 e38b 41a9 8995 7d08d78ed2283f10325b 249d 4bf9 809a 0c01f5c7460bIcon user placeholder9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d 13人

新刊