51ds5jape8l

コメント

大好きな本が文庫版になったということで、早速購入して読みました。やっぱり良かった。

特に文庫版の後書きが素敵で、川内さんの人生観みたいなものがとても良く感じられて、胸に染みました。国連や海外への興味有無に関わらず、働く若い世代におすすめしたい本。自分の生き方を見つめ直す1つのきっかけになるはず。

以下、あとがきの引用です。
「…どこか特定の組織で働くといったような代替不可能な目標を立てて、そのハードルの高さに悩むよりも、今この瞬間にその足を軽やかに前に出して泳ぎだしてごらん」
「日々積み重ねる「今日の自分」という経験ほど、絶対的なものはない」
「…一見すればバラバラに見えるかもしれないけれど。「今日」をきちんと生きていれば、いつしか点と点がつながって、未来の岸辺に続く道になる。」

筆者目線での国連の内情が良く分かりました。国連の内情を伝えつつ、少し筆者の人生観が伝わる作品です。

読者

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304aF957de8d 92e9 438e a680 efc2a186ffacC2d6999d 627d 40ac b68a 80aae8485e756c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c99e5d4a7d 718b 4d22 b875 bf1c8279b93688630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 22人

川内有緒の本

晴れたら空に骨まいて

晴れたら空に骨まいて

Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269

M.A

TOKYO /

川内さんの書く文章がすきだ。 * 散骨がテーマであるのに読んだあとは晴れやかな気持ちになる。(この表現があっているかはわからないけれど)

1年前

0b0fe38f 579a 4952 bd4f 5d5737d9c1ae307eef99 fb35 48c8 911f 426e97a738f9E4221da0 872a 47ba b2cd 4218ac819b52
パリの国連で夢を食う。

パリの国連で夢を食う。

843acee9 79eb 40e9 816a 05eb45c4739c

ころちゃん

ずっと読書感想文が書けない子供で…

意識高い人がパリィでオシャレ生活する話かと思ったら、意外と泥臭く読むのをやめられなくなった。 思うところあって国連の人材募集に応募するところから始まるんだけど、返答があったのは3ヶ月後だったり、働き始めてからも予算がなくてすることがなかったり、と思えばものすごく忙しくなったり。筆者と一緒に、いろんな国の人達がそれに振り回されたり抗議したりするのが何だか他人事に思えず、引き込まれた。 有緒さんは美大で映像を学んだ方だそうで、国連の仕事の話と並行してパリの現代アーティストとの交流が描かれる。それに触発されて撮ったムービーの問いかけにははっとさせられた。 『パリでメシを食う』も読んでみたい

約3年前

69f23578 a4a8 47e4 9f5c 89219e32098f71e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e95Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269 12
パリでメシを食う。

パリでメシを食う。

982e2ed6 3e7c 4410 ac27 43143492fd99

橋本亮二

版元営業部所属。酒部代表

スタイリスト、シェフ、起業家……パリを舞台に生業を営む日本人たち。自然な文章が心地よく、生きること、仕事をすることが光ってみえる。

約4年前

45122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6c000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8Eb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d66 21