51o8vzuazpl

ル・コルビュジエがパリの運命を託したのは、人と生が輝く都市であり、すまいだった。-ル・コルビュジエの"輝く都市"の入門書にしてその核心。 続き

コメント

近代建築史における最も重要な建築家、ルコルビュジエがパリの再開発について綴った作品。低層住宅のスプロールによる生活環境の悪化改善を目指した彼は、高層住宅を建設することを通して土地の有効利用を提案した。広大な緑地、良好な眺望、歩車分離などが得られると彼は述べているがそれは自明なのだろうか。そのような形態操作で得られるものは、人間生活を豊かにしてくれるのだろうか。現在日本各地で見られる団地やタワーマンションが都市問題を解決できているかを見れば、その答えはおのずと導かれるのではないか。

読者

Ba04bdee fbaf 4a6e 9a67 cfa92b2b9671209a12d6 b6ad 45c2 9bff cf4311eb9875A432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd11056f4d8 10de 4e47 9a79 7ddddf00143a6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cBde17c81 c70d 4ccb 903b c4afd6d4b6c3Dfbcd904 29e3 41d0 b62e 6b27cbb64843 7人

新刊

ハーバード日本史教室

ハーバード日本史教室

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

自国の歴史は、自国の解釈でしか学ばない。仕方のないことだけれど、今後ますます「世界の中での日本」の感覚が重要になっていくのなら、他国から見た日本を知らなくてはいけないのではないか。 特に第二次世界大戦における原爆投下については、世界法規視点から考察するような教育を受けたことはないし、世界で唯一の被爆国としての教育が不十分ではないかと思う。 本書を読んで、原爆製造国であり投下国であり現在も保有国であるアメリカでこんな教育がなされtりるならば、私たちは真珠湾攻撃の正当性不当性、大東亜共栄圏の正当性不当性について学ぶべきではないか、と思う。 我が国は被害者であり、同時に加害者でもある。加害者である事実を教えることの重要性を間接的に学ぶことができた。

約7時間前

Icon user placeholderIcon user placeholder
舞台

舞台

D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef31

ぬっぴー

印刷会社で燻っている29歳

自意識が過剰でいつも自分を監視するように生きる葉太。読むこちらも苦しくなるけど、葉太みたいな人には楽になって欲しいと思う一方、彼みたいなひとがいるから、世界は最悪じゃないのかと。誰言われたわけではなく、自分の気持ちで景色が変わる、という西さんの言葉が良かった。2018.7

約9時間前

37fbd299 3c32 4329 ac74 56df19e6d4feIcon user placeholderDe620377 d7b3 413f 908d dc24e769262a 51
紅霞後宮物語 第八幕

紅霞後宮物語 第八幕

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

これで第一部が終了だそうです。 小玉の大切なひとたちが何人も亡くなり、文林の周りがだいぶ整理された感がある終わり方でした。 最後の最後に亡くなる彼女のことは、辛いですね。いろんな人がいなくなっていった中でもとりわけ。

約10時間前