51jrl9ew6zl

コメント

強引な展開や短絡的行動がみられるが、いいからついて来いという力強さがある。

池澤夏樹が言っていた。そんな設定だめだとか、こんな展開おかしい、とかいう疑念を振り払わないと作家は小説は書けないと。

これには著者の圧倒的自信がみてとれる。特に下巻。

読者

Cd086107 8dc6 4d0d 8cf0 4c84f7ee23827e709330 4586 4446 bc44 b796485cb87e

スタンダールの本

赤と黒

赤と黒

565d2efa 2b82 4030 be73 2daa4768a5f2

ういらのわら

さまよえる素浪人

プラトニック

4年前

F4444dcf 0d4d 4c87 bdaa 22a9880783457fc1ca47 5865 4dca 80ca d1a147049c34Cd086107 8dc6 4d0d 8cf0 4c84f7ee2382 8